GROM 乳化対策!!!必須ですよ

今回はグロムの乳化対策を行いました。

グロムはエンジン内部構造上、乳化が起こる可能性があるバイクですのでこれは必須というくらいやっておいた方がオススメです!!!

まず乳化とは?

簡単に言いますと、マヨネーズみたいな状態にエンジンオイルが変化することを言います。

え?オイルが変化?マヨネーズ?意味わかりません!ってなりますよねw

自分も最初はそうでしたw

知っている方はスクロールしていただき、作業の方法を下記に文書と完成した写真をアップしていますので参考にしてください。

乳化はなぜおきるのか?

エンジンは、ガソリン(燃料)と空気を混ぜ点火(スパークプラグ)を行いその爆発の力によって動いています。今回はエンジンについてではないので以下上略します。

このワードの中の空気が今回は関係しております。

グロムには、ブローバイといいまして、排ガスを再循環する装置(最近の車やバイクはほとんどついていて環境対策です。)がありまして、そのエネルギーを再利用するためにグロムはクランク側又は、オイルの量をみるレベルゲージのすぐ上に内径8mmのホースがエアクリーナーボックスへ繋がっていまして、そこで再循環を行っています。

ですが、全てを送り出せるなら問題ないのですがエンジンの内部には、エンジンオイルが満タンに入っている訳ではないため、送り出せなかったブローバイがそこでグルグル回るように残ってしまいます。

空気は熱が加えると水蒸気になります。

ポットなどでお湯が沸いた時などをイメージしてもらあると分かりやすいと思います。

沸いた時の白い煙には水分が含まれていたり、ポット内部には、入れた量より上の部分に水が付着していると思います。(観る場合は火傷に気を付けてください)

このポットの中をエンジンの内部と思ってください。入れた水をエンジンオイルと例えると、廻りについていた水はやがてどうなるでしょう?下へ降りていきます。なのでエンジン内部では、ある一定の時間が経つとその水滴がエンジンオイルと混ざってしまい、エンジンオイルと水が混ざり熱を加えると化学反応が置き、マヨネーズのような白色のドロドロの液体に変化してしまうのです。化学反応に関して詳細は省きます。

なので今回の乳化対策について起きないようにするには、如何にエンジンオイルに水分が混ざらないようにするかが大切です。

対策は簡単です。クランクケースからエアクリーナーボックスへ繋がっているホースの間に分岐して水抜を作ってあげたら良いのです。

ただあくまでも対策なので完璧ではありませんのでご了承ください。

長くなりましたが、ここから作業について説明致します。

まず準備する物は、

ハサミ、ニッパー、タイラップ6本、8mmのボルト、8mm三ツ又分岐ジョイント、8mm油耐圧ホースを20cm位(切り売りのピンク色、透明の方が安いですが熱に弱いです)ハンズマンなどで単品や切り売りしています。

以上です!少ないですし、簡単そうでしょ?w

作業は至って簡単ですw

クランクケースから出ているホース(クラッチのケーブル傍です)とエアクリーナーボックスの間にのホースを切断(右側で作業をオススメします。左側はクリアランスが狭いので作業がしにくいです)

その切断したとこに、三ツ又を取り付けます。繋げた上からタイラップにて固定。

余った一ヶ所に購入したホースを繋げタイラップにて固定し、エンジン上部に繋がっていってる配線(O2センサー)を固定したいるピンにホースとタイラップで軽く固定(後々メンテナンスしやすいようにギリギリ脱着出来る程度に)

購入して取り付けたホースの先にボルトを差し、タイラップで脱落防止をしてください。(毎回外す時にタイラップが勿体無い方はクリップピンなど使ってください。自分は心配性なのでタイラップにしています。)

そうして出来上がったのが、下記の写真になります。説明で分かりにくい方は、写真を参考にやってみてください。

これだけでも乗った後にピンクのホースをみると、水滴がついていますので取れている体感出来ます。

もっと取りたい方は、グロム専用オイルキャッチタンクをオススメします。今回作業した辺りに付き、固定は斜めにつけて、水滴をとるようにしています。


ENDURANCE エンデュランス オイルポンプ・フィラーキャップ・オイル関連パーツ オイルキャッチタンクセット グロム

ただ、定期的にメンテナンスしないとタンクないがえらいことになりますのでご注意を!

更に性能もよくされたい方は、

T-REV

という商品をつけていただくと、上記で説明したガスが全て出ない部分を更に効率よくしてくれて、エンジンブレーキが強いグロムが柔らかくなり乗りやすくなります。


T-REV φ9 0.07 ブラック 1413

9パイですが問題ありません。0.07は中の部品のサイズでこのままがベストです。ワンウェイバルブの役割をしているのですが、単にワンウェイバルブでも中の圧が変動するので合っているもの以外は故障の原因なります。

後は、お財布と相談されてください。自分も欲しいですが、お財布が許可してくれませんwww

カスタムは自由なので、自分に合ったカスタムをして楽しみましょう。

長々とでしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

バイク事故後によく起きる青タン対処方法

本日カスタム途中でしたが、グロムで事故を起こしてしまいました。

事故を起こした際に足の親指を痛め、青タンになりました。(下記画像のように痛むところが青紫色に変わりました)

バイクでは露出部分が多くこういう風に痛めるケースが多いです。

なので今回はこういう時にどう対処したら良いか?間違った対処をしていないか?を記載したいと思います。

事故が起きることは良いことではないですが、曲がるラインに砂が大量にあり、起きたのでこういった予想外な事故が起きることがあるので今後のいざという時のご活用に、記憶の隅っこでもいいので覚えていただけたら幸いです。

まず痛めた直後は、赤色で上記のような色になっているケースは少ないです。

数時間経つと、内出血が起きてそれが青紫色として色が変わりながら腫れていきます。

この時点で青タンということが個人で判別出来ると思います。その際よく間違われるのがここからです。

温める?冷やす?このどちらかをよく迷われていると思います。

どちらが正しい?という考えがまず間違っています。

どちらがではなく、どちらから行うか?が正解です。

なぜそうなるのか?は、内出血を起こしているということは熱をもっているということです。

なのでまずはその熱を逃がしてあげるために、

冷やしてください。

そうすることにより熱を逃がしたり、逃がすことにより痛みを抑えたりしてくれます。細かいことは今回は省きます。

微熱が出る可能性もありますので発生してから2~3日は冷やすようにしてください。冷やしたとしてもすぐに収まるものではありませんのでご注意を。

上記日数を越えると、熱が逃げ内出血が収まると次は温めてください。

どう温めたらいいかがわからないと思います。

36度前後のお湯でタオルを温め、絞った状態で腫れた所へ直接当ててください。

注意として、簡単に湿布やカイロと思うかもしれませんが、それは火傷の元になったり、湿布自体が熱を発する訳ではないので意味はありません。

何かあった際の処置を忘れずに安全かつ、バイクライフを楽しみましょう。




グロム 社外シートカウル取り付け

今回は納品待ちしてた、社外シートカウル取り付けです。

届いた商品をみて初めて知ったのですが、シートカウルの本体を交換ではなく、純正シートカウルの上から被せるだけでしたw

これならシートカウルではなく、シートカウルカバーとか違う名称になるような、、、w

高いわりにこの作りはどうなんでしょうねw

タイはそういうパーツが支流なのかな?

詳しくなくても誰でも手軽にカスタムを楽しめるという点では利点なんでしょうけどそれならもう少しコスパなるのでは?と思いました。

話がそれましたが、作業は上記で書いた通り被せるだけw

取り付け前にまずはシートを外し、唯一の作業は下側のビスを付属の被せた分厚みが出来るので、付属ビスと交換してください。

思った以上に綺麗にフィッティングしますので、ちゃんとはめてから固定をされて下さい。

雰囲気の違いをかねて、BeforeAfterで写真掲載しておきます。

ダクトやラインが後ろまで尖っていてだいぶレーシングな感じになりました。フェンダーレスと相性良いですね。

後は、赤色はソリッドで純正はパールなので輝きがないですwなぜかグレーのとこはパール入ってるんですよねーwなら赤色の部分もパールにしてくれよ!ってw

値段とかはともかく、デザインは気に入りました。

なので、変色する恐れもあるので購入される方は、こまめにお手入れをオススメします。

自分は、とりあえずワコーズさんのバリアスコートをしてます。グレーの部分は、クリアーかかっていないので擦りすぎると色落ちしますので気をつけて下さい。




GROM /MSX テールランプLED化

今回は、LEDテールランプ取り付けをすることにしました。


ホンダ GROM MSX125 JC61 スリットデザイン LEDテールライト ユニット ウインカー連動可 16年以降の新型にも適合

最初はノーマルのままでいこうと思っていたのですが、フェンダーレスにした際に、フェンダーレスキットにウインカーを固定したところ、配線が見えることが気に入らなかったためです。

それを解消するためにウインカーが一体型のテールランプに変更することに決めました。

まず、シートを外します。

そうすると、テールランプの後ろが見えますので固定してあるナットを2つ外します。

そうしましたら、以前フェンダーレスキットを取り付けた際に外したらウインカーなどのカプラーの上に白色のカプラーとフレームから出てるステーで固定されていますのでピンを上げて外します。

これが外しにくくて、ケガしそうや周りを傷つけそうな方は、シートカウルを外してください。

この後のカプラー同士を抜く方が硬いのでシートカウルを外すかは、そこで判断してください。

ステーからとれましたら、あまり配線は上がってこないので片手は上から、もう片手は収納ボックス側に隙間がありますのでそこから指を入れたら両手で作業出来ますのでそれで外して下さい。

これがなかなか硬かったです。でもシートカウル外すのがめんどくさいと思ったので頑張りましたw

後は、テールランプまで配線をたどり抜いて、入れ換えてナットで固定するだけです。

ただ、自分の場合海外品のためかテールランプ本体から出てるボルトが一回り大きくてナットが合わなくて別で用意しました。

そして、ウインカー一体の部分はLEDのため、ウインカーリレーをLED対応の物に交換する必要があります。


DAYTONA(デイトナ) LED対応ウインカーリレー 95437

デイトナであれば、純正位置に取り付け可能と防水処理させれいるので便利です。

リレー本体は、ヘッドライトの裏にあります。

ヘッドライト本体は、左右に六角ビスが二本ずつでそれを外したら本体ごとパコッととれますので傷つけないように気をつけて下さい。

つけるときは、片側二ヶ所はめてから反対をするとつけやすいです。

ネジは最後にまとめてつけましょう。

リレーは、上記の2ピンタイプのデイトナから出ています

LEDウインカーリレー

という商品を購入。

サイズも一回り小さくて納めやすく、カプラーオンで楽チンでオススメです。

なぜリレーを変えないかを簡単に言いますと、LEDはハロゲン(純正球)より使う電気の量を少なくて済む用に出来ていまして、ウインカーは点滅するものなので、

例えば1秒にハロゲン10wでLEDが5wしか電気が必要ないとすると同じタイミングでも倍光ってしまいます。

これによりハイフラ(変えるよりたくさん光る)現象が起きます。

それを調整するためにリレーにてそれを制御するのです。

保安基準で数値が定められていますので、速くても気にしないというわけにはいかないにでお気をつけ下さい。

旧型フェンダーレスキットで、新型グロムをフェンダーレス化!?

今回はフェンダーレスキット取り付けです。

ですが、グロム用フェンダーレスキットとして気に入ったデザインがあり詳細をみると、新型は適合不可とありました。

新型と旧型でフェンダーレスキットの取り付けるための、または純正フェンダーがとりつけされている穴をパーツリストで見比べてみると差ほど変わりがないように感じました。

ならばどうにかなるだろ!?っと思いポチッと購入(^-^)


Optimum OP11270 フェンダーレス ナンバープレート移設キット ブラック GROM/MSX

数日後届いた商品がこちら!

そして届いた商品を、六角レンチを使い組み立ててみると、、、

むちゃくちゃかっこいい( *´艸`)個人的に06以降のR6などに似てるなと思い購入\(^o^)/

次に車体の方をばらしていきます。

まず、上の12ミリのボルトを四本外します。

次はハイマウント球に繋がっているカプラーを外します。見えにくいですが、赤色のカプラーの下にテールランプのカプラーがいて、そのもう一つ下に画像のカプラーがいますので引き抜いて外しておきます。

そうしましたら、フェンダー本体を外すのですが、角四点辺りに爪がいまして、これが綺麗にはまっていてうまく抜けません。

角を押さえたりしつつ、後方に斜めに抜くような感じで外してください。ある程度力いります。外れたら、外した側のフェンダーをばらします。そうしないとウインカーなどの配線が本体に残ったままです。

カプラーを切って作ったりするならばらさなくてもいいですが、出来るだけ純正系を傷つけない方が後々使えることが多いです。本体は、画像の四点と一点(一点だけなぜか六角形で他はプラスネジ)をはずします。

外れたら、ナンバー灯を抜きます。ささっているだけなので引っこ抜いてください。それで配線は確保です。

これからが問題です。車体側からフェンダーを外したらこういう状態でこれをみて、適合してない理由はこれだろうなと思いました。それがこのふくらんだところです。

なんだこれ!?ってなりシートの反対からみると、センサーがいました。ん?なんでこんなところに?というか何のセンサーだ?と調べると、

バンクアングルセンサー

というものでした。細かくは説明しませんが簡単には言うと、転倒した時に点火カットしてエンジンをとめる安全装置です。

ということは、名称のとおり角度をちゃんと検出出来ればOKじゃない?と思い、この出っ張りをカッターでカットし(センサーはボルトで固定されてるからインナーカウル張らしかカットしてそこからボルトを抜くかしないととれないですからカットを選び、気を使いながらの作業だからこれが一番疲れたw)センサーをとりあえず収納ボックスへ両面テープとタイラップにて固定。その後、現状外しているのはウインカー類だけだから大丈夫だろうと思い試運転して特に以上なかったので移設はこれで完了👍

後は、適当なプラパンでカットした部分を塞ぎ(まぁまぁ大きな穴があきますw)、フェンダーを最初に外した時の四点のうち後方二ヶ所にフェンダーレスキットを純正ネジを使い、固定していくと取り付け完了です。

後はお好みのナンバー灯や下記の用に反射板などをつけたら完成です。

ですが、あくまで素人によるセンサー移植やカットのため、雨の日のチェックや後々の誤差動が起きる可能性が無いとはいえないので自己責任でお願い致します。




グロムをコーティング

本日は、コーティングをすることにしました。

赤色はどうしても、焼けやすい変色しやすい、というのをよく聞きますし、過去に赤色の車やバイクで変色したことがあるので、それを未然に少しでも防げるようにと思い今回に至ります。

ただ、コーティングといいましても、外注に依頼しますと高いですし、定期的にとなると高額になってしまいます。

なので今回は手軽に出来て、効果が強い(自己評価)ものというと自分はこちら!!!

ワコーズさんのバリアスコート!!!

こちらの商品は、本体(缶スプレータイプ)とウエス(キメが細かいタイプがオススメ)のみで出来る手軽さ\(^o^)/上記商品のタイプは専用クロス付きです。

そして、、量販店やネットなどで手に入るのでありがたい🎵

作業は、簡単です。

ウエスにワンコインくらいスプレーしてそれで全体に塗り込んでいくだけ!

目安は、ワンプッシュでワンパーツという感じで良いと思います。

たくさん塗ったら言い訳ではなく、均一に全体を塗り伸ばして浸透させるイメージがオススメです。

少し変色した車両にも効果でます!

目でみてわかるくらいピッカピカになって変わりますよ(^-^)

塗ってすぐは、洗車や触らないようにしてください。

愛車のお手入れに一つは備えておきたいオススメ品です(^-^)

デート前などにも良いですよ(*^^*)ピカピカの愛車でドライブデートを楽しんでください♪

自分はもうこれは手放せませんwww

常に持ってます\(^o^)/

グロムカスタムスタート!!!

ノーマルのままでもかっこいいのですが、やはりバイクを手に入れるとすぐカスタムしたくなる癖があり、色々買ってしまいますwww

とりあえず今回は、

H2C製キーシリコンカバー

にしました\(^o^)/


H2C(エイチツーシー) シリコンキーカバー シリコン レッド GROM(16-17)/MSX125SF(16-17)

純正キーがリトラクタブルキー(ジャックナイフ式)のため落としたりするとすぐ傷がついてしまいそうだったのでまずはこれを防止するために、シリコンカバーを購入しました。(特に無くしはしないのですが自分はよく鍵を落とすタイプなのでwww)

装着してみると、、、

!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!!!!

綺麗にフィッティングしてるではないでしょうか!?

自分は、千円しない位で買えました。

この金額で傷を防げるなら良いんじゃないでしょうか!?

個人的にかなりオススメです\(^o^)/

メリットは、

傷がつかない

取り付けは被せるだけ

かっこいい

デメリットは、

カギを出すためのボタンが少し押しにくい

カギを戻すときに厚みが増した分押し込みにくい

という感じです。

でも、やはり傷がつきにくくなったのはかなり大きいです(^-^)

ここが傷ついて交換したいと思うとそこはHONDA純正部品、、、高いwww

なのでそれを阻止する意味でオススメです。または、スペアもついてきますのでリトラクタブルキーを保管するのもありです。

ですが、やっぱり

カギがシュッ!!!

って出るのはかっこいいから使いたくなるんですよねwww

こういう小物カスタムも色々していきたいと思います。

注意としまして、ディーラーさんでは取り扱ってないカバーなのでネットで、

グロム シリコンカバー

と調べていただくとすぐにヒットすると思います。

良ければ、次回も観覧よろしくお願い致します(^-^)




GROM/MSX125納車(^o^)

最初の投稿とズレがありますがご了承ください。

ブログ立ち上げと納車がかぶっていましたので。

では本題に入ります。

まず、なぜモンキーがあるのにグロムを購入したのか?

増やす理由としては、通勤用車より燃費の良いバイクが欲しかったためです。

他の二種バイクではダメなのか?

今回グロムに選んだ理由として旧型の時からデザインで気になってて旧型が新車販売してた時はお金がなくその時は諦めました。

今回はギリギリ買える予算があり、通勤でよく気になる燃費もメーカー記載ではなんと、

リッター62.7km!!!

と凄まじい燃費の良さ。

昔2ストスクーターで通ってた頃では考えられない燃費の良さにビックリしました!

デザイン性は、ノーマルのままでもよし、カスタムしてもよし。

となるとこれはいつ買うの!?

今でしょwww

となったわけです(^-^)

色々なバイクを乗ってきましたが、新車を買うのは初めてで、テンション上がりましたw

納車当日パシャパシャたくさん写真や動画撮っちゃいましたw

久々にこんなにワクワクしましたw

最近は全くないですからねw

とこういう感じでこの度グロムを購入致しました。

なので、

ドドドノーマルです(´ω`)

でも基本ノーマルで自分は乗ることがないので、通勤用とはいえこれから少しずつですがカスタムしていきます!

今後グロムを買おうかな?またはカスタムの参考になど色々な意味で観覧していただけると幸いです。

赤グロム共々よろしくお願い致します。




初ブログ!!!!モンキー&グロムカスタムメイン

はじめまして。

ficklemen (気分屋男)

と申します。

タイトル通りブログ初めてです。なのでブログという形で文章を作成するのが初めてで文法がおかしいことが多々あるかもしれませんが改善していきますのでお手柔らかに観覧お願い致します。

また、何かをパソコンによって作成したことがないため編集など色々な使い方がわからず、間違った部分などをそのままアップロードしていることがあるかもしれません。ですが少しずつでも覚えていきたいと思っていますのでご理解お願い致します。

そしてブログの内容は、4miniBikeであるモンキー&グロムを所有していますのでこの2台のカスタムしていく姿や方法などと日常をブログに記事として残していこうと思っております。

上記2台に関わらずバイクが好きな方良かったら観覧お願い致します。他の車種にも役にたつことを記事にすることがあるかもしれません。

尚、モンキーに関しては4Lの方で、ある程度カスタムしていますのでどこまでお役にたてるかわかりませんがこういうカスタムもあったんだなど軽い感じで観覧していただけたら嬉しく思っていますのでカスタムの仕方以外の目線でも観ていただきたいです。

1からと言う意味ではノーマルを先日納車したばかりの新型グロム(JC75)がカスタムに関してはメインになるかもしれません。グロムに関してはこれから色々カスタムしていこうと思っておりますので、乗られている方やこれから乗ろうかなと悩んでいる方の参考になると嬉しく思います。この仕様で乗りたい!など思ってもらえたら嬉しいので頑張ってカスタムします。

モンキーまたはグロムどちらであっても興味や暇潰し感覚、何かトラブルやカスタムの仕方の調べごとなどで観覧してくださった方の1つでもお役にたてたら嬉しく思います。

カスタムや何かあれば定期的に更新していこうと考えておりますので観覧のほどよろしくお願い致します。