GROM ウィリーバーとペグ取り付け、前後アクスルシャフト変更とデータ

グロムをスタント仕様に変更して防御力アップをしましたので記載しておきます。

完成した状態はこちら。

ウィリーやアクセルターンの練習がしたくなる感じです。

使用した部品が連携しているサイトでみつからなかったため、候補に上がったのを掲載しておきます。


ホンダ GROM MSX125 スタント サブケージ リアガード レッド [並行輸入品]

自分と同じのは、ヤフーオークションなどに出品されていましたので検討してたもう片方のを掲載しておきます。

前後のペグ(バー)は、MBX(自転車)などで使われているのを穴を拡大して流用しています。

前後のアクスルシャフトは、純正やキタコなどから出ているのでは挟み込みことは不可だったため、ロングタイプをみつけたのをそちらを購入。

ちなみに純正シャフト長は、

フロント250mm リア305mm

今回使用したのは、

フロント320mm リア360mm

アクスルシャフトの太さは、

直経12mm

ただ、転倒した際にアクスルシャフトへの負担は大きいので、

キタコの中空シャフトというのがありますので、そちらであればアクスルシャフトの中に6mmのシャフトを更に通すことが出来ますのでそちらを流用されるのも良いと思います。

メーカーによっては、純正のワッシャを抜くだけで取り付け可能なのもありますがあくまフォークやスイングアームに直接当たるという前提なので何かあった際は負担は大きいのでお気をつけ下さい。

ウィリーバーも、自分のもそうなのですがメーカーによってナンバーをつけにくいや、ステーで延長などしないと難しい場合がありますのでご注意を。自分はタイラップですwww

取り付けは、ウィリーバーであればフェンダーレスキットをつける場所で、フレームに繋がる四点なので商品を当ててもらうと、ああーっとなる場所なのでさほど難しくはありません。

ただ、ノーマルからだと、フェンダーレス化をするような感じでリア廻りを除去しないといけないのでその場合は、フェンダーレス化の手順を参考にばらしてみてください。

ステップバーに関しては、シャフトを通す部分を肉厚のタイプにしたのでそうそう折れないとは思いますがその分車体への負担はありますのでされるかたは考えてから行う方が良いかもしれません。

参考までに伝えておくと、エンジンスライダーという部品がありますがそれはあくまで衝撃を直で当たらなくするだけで、場合によってはエンジンの上部が歪み逆につけてたからエンジン不調になる恐れもあるのでご注意を。あくまでも個人の意見のためこれが絶対というわけではないのでご理解下さい。

個人的には、エンジンスライダーより、エンジンガードをオススメします。

後日付けますがこちらになります。


B Blesiya エンジンガード アルミニウム製 ホンダMSX125 MSX 125 MSX SF125に対応 プロテクター 全2色 – 赤

みたことあるようなデザインでありそっくりで安い!のでオススメですwww

ここの販売元さんは、欲しかったあのデザインが、、、なども安く手にはいる可能が👍

チェックチェック😏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。