GROM LEDやフォグランプなど増設する時のオススメと注意点

グロムの場合、

旧型は交流

新型は直流

になってます。

ただ、新型に関してはLEDライトの部分も直流ですが安定した電力供給ではないのでそこからの電源はとれなくはないと思いますが不安になる可能性はあります。

共に電装品を増やしたい時に役に立つ、サービス電源というのがあります。

場所は、左側のサイドカウルを外すと中央辺りにみえる白色の4Pカプラーです。(オプションのセキュリティをつけている方は、そこから電源をとっているのですぐにわかります。)

そのままでは配線を加工しにくかったり、加工せずカプラーオンで簡易に電装をつけれるようにこういった部品があります。

そんなに高い部分ではないですし、安く済んで純正配線を傷つけなくて済むならこちらの方がオススメだと思います。

また、電装がキーオンに連動して作動するままにしていると、セルモーターに負担がかかり、エンジン始動性の低下やバッテリー上がりが起きやすいなどの影響が出るのでスイッチをつけたりなどして負荷を減らしてあげることをオススメします。

3番目は、USB付きなのでアクションカメラやスマホ充電用に便利で一体型なのでスペース取らず便利です。下記の用に別でこういうのをつけてUSBを使えるようにするのも取り付け位置の自由度が高いのもオススメです。

スイッチを追加する場合の注意点は、物によって何Wまで対応というのがあり、それ以上を流すと壊れるので越えそうな場合は、スイッチを増設するか、リレーなどを改善してください。

“GROM LEDやフォグランプなど増設する時のオススメと注意点” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。