GROM ComposiMo 新型セパレートハンドル(モンキー125用)




モンキー125とグロム共通部品として販売されています。

リバーシブルで使えるモデルで、上記の写真はモンキー125用でこれを反転させることでハンドルバーの高さが上がってグロムでも使えるようになるという作りです。

そのため、上記での面で取り付けると、かなりローポジションになりハンドルロックをかけれないくらい、ハンドルが切れなくなります。

また、配線やブレーキホースもヘッドライトに干渉して取り付けれません。

ではどうして付けれているのか?

それで今回紹介するのがこちらの部品です。

この部品はハンドルの本体とバーハンドルを固定していたクランプ部分の間に付ける事によって高さを稼ぐことが出来てハンドルを切ってもギリギリではありますが干渉せずに済みます。

また、クランプ部分の溝が横からみると空いているのが見えていたのを埋めることが可能です。

なので通常通りに取り付けや、他のセパレートハンドルなどを取り付ける時にも便利ですよ。

好みの高さにも微調整出来る部品で、他であればSteady Garageさんからも販売されているのですが海外から取り寄せると送料が高いので今回はこちらをオススメ致します。

他でも説明していますが、スイッチ類を取り付ける際には固定用の穴を開けないといけませんので、ドリルのご準備を。

穴のサイズは、5ミリになります。

カスタムのご参考になれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。