GROM ダイヤル付きレバー(クラッチ、ブレーキ)

グロムを乗ってて自分もそうなのですが、クラッチが遠いと思われている方いませんか?

もう少し手前だったらなーと自分は悩んでて、そこできになったのがこちらです。

メーカー問わず、コスパ優先の方はこちら

取り付けはそんなに難しくなく、ボルト抜いて入れ換えて終わりです。

必要工具

マイナスドライバー、10mmソケットまたはメガネレンチ、グリス以上です。

クラッチ側でご説明します。

下側についているナットを外し、上側をマイナスで回していくとボルトが抜けます。

ボルトを抜くと後はワイヤーを引っかけているだけなので90度ほど前進側に曲げると抜けやすいです。

後は、逆の手順で組むだけ。ワイヤー部分にはグリスアップをお忘れなく。ワイヤーが切れます。

ダイヤルを一番手前にくるようにすると、だいたいですが純正の位置との差はこれくらいあります。

だいぶクラッチ操作しやすくなって便利です。

そんな高い部品でもなく、クラッチやブレーキの操作はとても運転していくなかで重要であり、疲労にも繋がりますので違和感がある方はオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。