SHOEI GT-AirⅡユーザー必見!ビーコムSB6X用アタッチメント!

B+COM ヘルメットアタッチメント SHOEI用

B+COMが美しく、快適にジャストフィット

インカム装着設計のSHOEIヘルメット「GT-AirⅡ」「J-CruiseⅡ」「NEOTECⅡ」に対応する、B+COMの装着に最適なアタッチメント。

ヘルメットに標準で装着されているインターコムベースカバーと交換する形で、工具も必要なく取付けできます。

B+COMの取り付け位置をずらす必要なく、コンパクトにジャストフィットするので、まるでヘルメットに融合しているような美しい印象になります。

また、最適なポジションに取付けできるため、快適な操作性も失われません。

品名: B+COM ヘルメットアタッチメント SHOEI用 

対応ヘルメット:GT-AirⅡ / J-CruiseⅡ / NEOTECⅡ

対応B+COM: SB6X / ONE / SB4X / SB4X Lite

品番: 00081800

価格: ¥1,800(税抜)

発売日:8月上旬予定

おすすめバイクインカムレビュー。

今回はコスパの良いインカムから、実用性の良い高級インカムまでレビューを共に、ご紹介致します。

まず王道としておすすめがこちら。

サインハウスさんのビーコムシリーズ最高峰の6x。アプリを使って他のインカムとの接続が簡易に行えるのが1番の利点です。また、ビーコム同士であれば1度登録したら再接続はワンタッチで簡易に行えるので、休憩後にまた繋ぐのがとても楽です。更に音質が非常に良く、Bluetoothを2機搭載しているのでスマホからの音楽を聞きながらトークを楽しむことも可能です。国内メーカーなので、故障した時も対応が早く安心面も非常に高いということから、買って後悔のない商品だと思います。デメリットはコスパ面だと思われます。

ビーコムが良いけど、金額を気にされる方にこちらのモデルをおすすめします。

6xの良いとこを残しつつコスパを抑えたモデルです。一回り小さくなり、Bluetoothが一機になっているのでトークしながらの音楽は聴けません。それ以外は音質も良く、6xに比べて1万円近く安くなるので、6xのワンランク下という意味でおすすめです。

とりあえずインカムが欲しいという方におすすめです。操作や音楽は特に悪くなく、普通といった感じです。ただ、極端にコスパが良い面からまずはインカムを使ってみたい方には手の出しやすい金額帯かなと思われます。

バイク用熱中症対策グッズ!!!オススメ!!!




まずはヘルメット用

夏はヘルメット内部に熱がこもって熱中症になりやすいです。

水分を冷却効果に変換するとのことなので、汗をかく夏にオススメグッズです。


また、事前に濡らしておけば冷却効果アップです。


クーラーと同じ気化冷却システムを利用しているので熱こもりを減らせれます。


また、かなり薄いのでサイズ感気にされている方問題無いです。


マジックテープが弱いので、そこだけ対策を。

他にウェアでこちらはかなりオススメです。

氷撃シリーズ。

一気にご紹介します。

氷撃シリーズは量販店でもよく売れてます。

普段の服の下に装着するウェアなので体感や装備もしやすいです。

効果を更にアップや高いと思われる方は手軽に使えるスプレータイプのこちら。

こちらはシャツの上からそのままスプレーして風に当たると、とても涼しいです。携帯もしやすいのでオススメです。

販売はインターネットやドラッグイレブンなどでも簡易に買えます。

かなりオススメなので熱中症対策に、是非今年のソロツーやツーリングのお供に。




スマホ非対応グローブを対応にする方法

ランドポートさんの

スマホッチ

です。

最近は、ツーリングやソロツーなどでスマホでナビをされる方が増えてきています。

でも案内を変えたり、スクロールして少し先の方をみたいなどあった時に毎回グローブを外すのはめんどくさいし、気に入ってるのに買い直すのは嫌だなって方にオススメです。

革のグローブなどでも、操作する指の部分に数的つけるだけでスマホを操作出来るようになります。

擦れる部分になりますので、操作出来なくなってきたらまた塗り直すだけです。

これからの夏のツーリング前に是非。

アルマイトの脱色方法

カスタムパーツで、ブラックや色のついたアルマイトを元のシルバー色に戻したいなと思ったことありませんか?

出来るか出来ないかは、部品によって変わりますが基本的には可能です。

絶対に全てが落ちる訳ではないので、自己責任でお願い致します。

不安な方は、コーケンさんなど専門職の方へ依頼されてください。

コーケンさんは、脱色だけの作業も行っています。

下記リンクから箱を買い、積めて送るだけなので後はお財布とご相談となります。(詳細はリンク先にて)

KOHKEN コーケン(旧光研電化) アルマボックス20 カラーアルマイト

では今回の本題になります。

用意するのは、

パイプユニッシュ(ホームセンターなどで入手可能)

部品を浸けるためのビーカーや鍋など(使用後は料理に使わないでください)

コンロなど沸騰をさせたり温度調整が可能なもの。

以上です。

それではまず汚れなどは落としておきましょう。(どのような化学反応が起きるかわからないので)

容器にパイプユニッシュを入れます。

お茶を沸かすくらいの温度でパイプユニッシュを沸騰させます。(沸騰させ過ぎたら危険ですのでご注意を、また悪臭が出ますので換金は必ず行ってください)

そしたら脱色したい物を入れます。

だいたい30分~60分くらい浸けていると焦げたような黒色になります。

そこまでなれば脱色し始めているのでもう少しだけ浸けて取り出します。

後は、微粒なコンパウンドなどでひたすら磨いていただくと終わりです。落ちない時はもう少し浸けてみてください。(下記のようかのがオススメです。)