CB400X (初期型)マフラー交換&注意点

スリップオンタイプ(リアピースのみ)のマフラー交換方法と注意点をご説明致します。

スリップオンのみなので作業はとても簡単です。まずは、Before Afterをご確認下さい。

before
after

作業方法

マフラーの中間上部と付け根のバンドになっている2箇所のボルトを外して、上記写真からみると上下に回しながら後方へ抜くと取れます。

付け根の所には銀色のガスケットがついているので、製品によってはサイズが変わるため交換が必要です。(純正に戻す時にも必要なので下記に載せておきます。)

取り外しは上記で終わりになりますので、後は専用品などであればメーカーの説明書通り取り付けを行うだけです。

注意点

中間パイプ(純正は一体型)の根元付近に、センタースタンドを戻した時の受けが付いている為、社外マフラー交換時には、センタースタンドを取り外す必要があります。

外さずに交換した場合、作業は出来るのですが、交換後にセンタースタンドを戻すと受けがなくなり通常より上に戻ってしまい、チェーンに常に当たってしまうため走行不可になりますので交換をされる場合はご注意下さい。

今回掲載していた汎用マフラーと中間パイプはこちらになります。こちらの中間パイプは、純正より内径が小さい為、ガスケットを小さいものか液体ガスケットが必要なのでご注意下さい。


バイクスリップオンマフラー バイクサイレンサー 汎用 50.8mm 長さ160mm

KIMISS オートバイの排気ミドルパイプ リンクコネクト ホンダCBR500R CB500X CBR400R CB400X用

今後のカスタムの参考になれば幸いです。(今回の車両の初期と二代目の見分けはライトがハロゲンで、二代目はLEDで見分けれます。)