GROM ウィリーバーとペグ取り付け、前後アクスルシャフト変更とデータ

グロムをスタント仕様に変更して防御力アップをしましたので記載しておきます。

完成した状態はこちら。

ウィリーやアクセルターンの練習がしたくなる感じです。

使用した部品が連携しているサイトでみつからなかったため、候補に上がったのを掲載しておきます。


ホンダ GROM MSX125 スタント サブケージ リアガード レッド [並行輸入品]

自分と同じのは、ヤフーオークションなどに出品されていましたので検討してたもう片方のを掲載しておきます。

前後のペグ(バー)は、MBX(自転車)などで使われているのを穴を拡大して流用しています。

前後のアクスルシャフトは、純正やキタコなどから出ているのでは挟み込みことは不可だったため、ロングタイプをみつけたのをそちらを購入。

ちなみに純正シャフト長は、

フロント250mm リア305mm

今回使用したのは、

フロント320mm リア360mm

アクスルシャフトの太さは、

直経12mm

ただ、転倒した際にアクスルシャフトへの負担は大きいので、

キタコの中空シャフトというのがありますので、そちらであればアクスルシャフトの中に6mmのシャフトを更に通すことが出来ますのでそちらを流用されるのも良いと思います。

メーカーによっては、純正のワッシャを抜くだけで取り付け可能なのもありますがあくまフォークやスイングアームに直接当たるという前提なので何かあった際は負担は大きいのでお気をつけ下さい。

ウィリーバーも、自分のもそうなのですがメーカーによってナンバーをつけにくいや、ステーで延長などしないと難しい場合がありますのでご注意を。自分はタイラップですwww

取り付けは、ウィリーバーであればフェンダーレスキットをつける場所で、フレームに繋がる四点なので商品を当ててもらうと、ああーっとなる場所なのでさほど難しくはありません。

ただ、ノーマルからだと、フェンダーレス化をするような感じでリア廻りを除去しないといけないのでその場合は、フェンダーレス化の手順を参考にばらしてみてください。

ステップバーに関しては、シャフトを通す部分を肉厚のタイプにしたのでそうそう折れないとは思いますがその分車体への負担はありますのでされるかたは考えてから行う方が良いかもしれません。

参考までに伝えておくと、エンジンスライダーという部品がありますがそれはあくまで衝撃を直で当たらなくするだけで、場合によってはエンジンの上部が歪み逆につけてたからエンジン不調になる恐れもあるのでご注意を。あくまでも個人の意見のためこれが絶対というわけではないのでご理解下さい。

個人的には、エンジンスライダーより、エンジンガードをオススメします。

後日付けますがこちらになります。


B Blesiya エンジンガード アルミニウム製 ホンダMSX125 MSX 125 MSX SF125に対応 プロテクター 全2色 – 赤

みたことあるようなデザインでありそっくりで安い!のでオススメですwww

ここの販売元さんは、欲しかったあのデザインが、、、なども安く手にはいる可能が👍

チェックチェック😏

GROM 再度ハンドル変更




カスタムするにもパーツがまだ揃わないのでその間、グロムの運転を練習したいなと思いまずハンドル操作しやすいようにセパハンは一旦封印して色々探してみたところこれが高さとかもポジション的に良いかな?と思い購入したのがこちらになります。


ハリケーン (HURRICANE) フォワード コンチ2型 φ7/8インチ ハンドルバー HB0038C

ハンドルバーで有名のハリケーンさんになります。

その中でフォワード コンチ2を選びました。

こちらは、グロム専用設計で配線などの取り回しはそのままで全切り可能という利点があります。

唯一気になったのは、別売ブレースバーの長さによってはかなりカギが挿しにくくなりますのでご注意を。自分はブレースバー装着したら、ジャックナイフキーは使用不可になるくらい狭くなりました。

ハリケーン ブレースバー

クランプの中心から中心まで250mm

20~30mmほど短いとベストかもしれません。予備がないため検証不可。

ポジションも純正に比べ丁度良いくらいに低くなってくれて練習や少し前かがみになりシートによるお尻が痛くなるのを低減してくれます。

そういう全体的な利点を考えると練習にはもってこいかな?と思い選びました。

取り付けに関しては、上記のはスイッチボックス穴無しタイプで、最初から空けてくれてる穴開きタイプもあります。ただ、手間賃もいうことでしょうか?千円ほど高くなるのでそこは工具の絡みもあるのでどちらの方が良いかはお考えください。

前回、セパハンをつけているので交換は入れ換えるだけwww

なのでビフォーアフターを掲載しておきます。

また、セパハンに楽チンに戻せるようにスロットルを一緒に交換しました。


キタコ(KITACO) スーパースロットルパイプ GROM(グロム)/PCX125/150 JF56/KF18 901-1432900

理由は、これに交換することによりグリップを回す量が減り前開にたどり着くの早くなってくれて操作がよりダイレクトになります。また、グリップをかためているため外すとなるとなかなか大変です。スロットルもそんなに高くないので予備があると楽ですし、入れ換えもなれてしまえば簡単です。

なので今回はスロットルの交換のやり方を明記しておきます。

工具は、8mmソケット、10mmスパナ、プラスドライバー、グリス

まずは、アクセルの部分のスイッチボックスをプラスネジ二本外してバラします。

次に右側から、キャブのすぐの黒色カバーがネジ一本で止まっていますので外します。

そうしますと、アクスルワイヤーと固定しているステーなどがみえてきます。

今回は手前側のワイヤーのみを外します。(この写真で左側になります。)

手前は、ステーに対しアクセル側に伸びている側にナットがどちらもありますが薄い方です。

ステーよりキャブ側は遊びが変わるので絶対に触らないでください。

軽く緩めると知恵の輪のように、ステーから外れ、キャブについているワイヤーもとれます。

そこまでとれたら、今度はアクセル側のワイヤー片方を引っ張るとスルスルーっと上がってくるのでそれからまずスロットルボディから外し、もう片方は簡単にとれます。

そうしたら、今度は逆の手順で戻すだけです。グリスアップを忘れずに。しておかないと、ワイヤー切れます。

GROM フロントへカニキャリパーを入れる時の注意事項

純正のブレーキキャリパーの場合

フロントディスク(フローティングディスク)の全面には当たらず中央が少し当たっていなくブレーキの効きがシビアというか、ガツンという感じで普通に乗る分は問題ないが、峠やサーキット、スタントなどを行う場合はブレーキレバーの握りに合わせた動きをする方が操作がしやすく描いている動きをしてくれるのをそれを求めて社外品を入れることにより手入れることが出来ます。

4ポットを入れられている方は多いので今回は、カニキャリパー(84mmピッチ)について説明いたします。

あえて4ポットの純正から数の減る2ポットを入れることによりワイドホイールを入れやすくなったり、タッチがその方が好きな方もいるので自分が経験したことを参考にしてもらえたらと思い今回は記載して残しておきます。

色々サポートがある中で自分は今回選んだのはこちらです。


オーヴァーレーシング(OVERRACING) フロントキャリパーサポート ブレンボ2P用 GROM(13-16) 83-22-12

特にこれといった理由はないのですが、単にオーバーレーシングのデザインが好きだからですwww

また、2ポットにするとメンテナンスもしやすいのと、後々のランニングコストが安い利点があります。

84mmピッチは王道なので種類も色々ありますし、前後統一キャリパーにも出来る利点があるのでスタイル的にかっこいいと思います。

本題に入るのですが、オーバーレーシングさんのこのキャリパーサポートは、裏側がそのままだと当たります。

スイングアームなどもたまにそういうの聞くのですが何故なのかはわかりません、、、

ただ、ノーマルのフロントディスクだからかもしれませんが、ピンの部分が少し干渉するので裏面を付けると見えない位だけ削れば問題ありません。

作業後ですが、参考にしてもらえたら幸いです。

余談ですが、キャリパーとキャリパーサポートのボルトは付属品からステンレスやチタンなどのボルトに変更することをオススメします。付属品は腐食や錆など起きることが多いので後々オーバーホールの時に、あ!あ!あ!ってなることがありますし、二本で500円位なので交換をオススメします。


ポッシュ(POSH) テーパーキャップボルト ステンレス ブラック 2個入 M8X20 900820-T9


オーヴァーレーシング(OVERRACING) フロントキャリパーサポート ブレンボ2P用 GROM(13-16) 83-22-12

GROM シート脱着を軽減

シートの付け外し共に固いと思ったことはありませんか?

ギリギリなクリアランスなのでピッタリ入れないとハマらないですし、固いです。

ちょっとした工夫をするだけで、それが軽々外せれるようになります。

行うのは、2ヶ所を上下入れ替えるだけ!

わかりにくいですがこれは、タンデム用のベルトを固定している部分です。

ベルトの下にステーがいます。これを上下入れ替えるだけなんです。

かなり簡単でしょ?

ステーは、車体にひっかけるパーツなので出来るだけ真っ直ぐになるように付けてください。

またタンデム用のベルトを固定してあるナットを外しても固くしまっていたことにより、すんなりとれません。

左右に揺すりながら持ち上げると取れやすくなります。

最終はこんな感じです。

そうすると体感出来るくらい付け外しが軽減します。

これが本当じゃないの?ってくらい軽くなりますwww

それでは。

GROM 事故による損傷修復アイテム

事故により、リアの社外カウルがおもいっきり割れてそれがどうにかならないかな?と思い試して買ってみました。

それかこちら、


BONDIC(ボンディック) 液体プラスチック接着剤 スターターキット BD-SKCJ 【国内正規品】

ライコランドに店頭にモニターデモがあり、気になっていました。

今回のパーツには使えそうだったので試しです。

ポリ系はダメみたいなので純正外装などには厳しいかもしれませんので、作業を行いたい箇所に対応しているかよく確認が必要です。

とりあえず今回は試しで、回収出来た欠片だけ繋いでみました。

このような感じでとりあえずくっついてくれたので、もう少し頑張ってみようと思います。

作業は付属のペンタイプのを潰すと液体が出ますのでそれを繋ぎたい箇所へ添付し、付属のUVライトで4~10秒ほど照らすと固まります。

注意としては、一気にではなく、薄い層をたくさん重ねるようにして作業する方が、強度があるような固まり方をしました。

また、UVライトは、爪の部分を手前にスライドさせるとロックし、光りっぱなしになるので作業しやすくなります。

上記のキットは予備もついていました。

写真の部分ともう一ヶ所を作業したら一本なくなりました。

後は、値段と買い替えまたは諦めるなどはよく考えて購入をされる方が良いかもしれません。

それではもう少し作業してみたいと思います。