低コストのオススメキャリパー

今回は、キャリパーについて記載致します。

カスタムしていくと、オシャレは足元からということで、純正ではなくホイールやキャリパーを交換したくなりませんか?

今回はキャリパーのオススメをご紹介します。

キャリパーとなると王道であれば

ブレンボとニッシン

が最初に思い浮かんだりオススメされることが多いのじゃないでしょうか?

それだけ言われるということは、愛用している方が多く、ブレーキ関係で安全面で特に大事な部分なので信頼性は高いですね。

ラジアルマスターも同様です。

なので、純正装着に採用されることもあります。

ただ、汎用で販売されているブレンボの、

40mm4ポットや84mm2ポットカニキャリパーは

鋳造

になります。

普段乗りであればそこまでシビアに気にしなくて良いと思いますが、レースやスピードを出してからのフルブレーキなどの本体に圧がかかる使い方をされる場合は、一年くらいで歪みがおきます。

簡単に鋳造を説明すると、合わせて作っています。

そう思っていただければ歪むということが理解出来ると思われます。

そこでオススメしたいのが鍛造です。

鍛造をイメージでいうと、型に流し作成なので圧がかかっても歪みにくいです。

ですが、鍛造を作成する場合、コストがかかるため鍛造製品は高いです。

そのため、サイズによって鋳造製品があり、コストも安めなので購入しやすいです。

だけど、そうなるとミニバイクでも鍛造が欲しくなりますよね。

そんな方にはこちらをオススメします。

Frando HF-8 4POT鍛造キャリパー【正規輸入品】
Frando 9GA 2POT鍛造キャリパー【正規輸入品】

Frando(フランドー)

をオススメします。だいたいこの辺りがミニバイクなどであれば検討される種類かと思います。

Frandoは、鍛造でとてもコストパフォーマンスが良いです。

ただ知名度が低く、知らないということから信頼性が国内では低いみたいです。

ですがイタリアの有名メーカーです。

生産国は、台湾になります。(なぜかはわかりませんが色々事情があるのでしょう)

海外では、ミニバイクから、大型バイクまでレースに採用されることもあり、低コストで鍛造を入れたい方にはオススメ出来ます。

また、イタリアメーカーさんだけあってカラーバリエーションが豊富です。

さすがオシャレな国は、カラーセンスもオシャレなのが揃っています。

人とは違うカラーを入れてオシャレにカスタムしてみませんか?

注意として、上記リンク先は正規代理店なので安心して下さい。最近他のサイトにて偽物が出回っています。

偽物は、裏面にステッカーがなかったり製作国の、TAIWANが未記入だったり、ブレーキパッドが違うメーカーのがついていますのでご注意を。

不安な方は、下記リンクはFrando さんがホームページからリンクして販売しているので間違いはないのですが、

フランドー キャリパー

と検索していただけたら一番上に出てくると思いますのでそちらからアクセスしてみてお問い合わせしてみてください。

一部ですが、所有しているキャリパーを掲載しておきますのでカラーの参考までに。(実際の色味に似せて撮影しています。生産ロットによって多少変わる可能性はありますのでご理解を。)コレクションが増えたら追加していきますw

それではまた。

アイアングレイ(ロットによってシルバーよりだったり、鋼のような色味があります。角度によって色味が変化することもあるので存在感あります。)
新色 ブラック(The Black、間違いなくブラックやなという色味です。最近の新しい色で、ブラックなので合わせやすいと思います。シンプルな感じが好きな方にオススメです。)
ハードアルマイト(マットのガンメタのような感じで角度によって明るくも見えます。ハードタイプなので変色しにくく一番無難な感じがします。在庫限りで販売を終わる可能性が高い色なので気になった時はすぐに購入をオススメします。)

GROM エンジンガード

低価格だったので取り付けてみました。

取り付けは、クランクのボルトを外して付けるだけです。

言葉より写真の方がイメージしやすいと思いますので、BeforeAfterで掲載しておきますので良かったら見比べて下さい。

写真をみていただけたら、だいたいの取り付ける位置もわかると思います。

必要な工具は、

外す時、8mmソケット

付ける時、5番六角レンチ

になります。

ただ、商品誤差かわかりませんか、右側(クラッチ側)のカラーが少し長い又は、少しボルトが短くて、ボルトがかかるのが5mmくらいしかなかったので、先端がなめやすいので自分は、カラーを5mmほどカットしてから取り付けました。

カットせずにつけるとゴールドのクラッチカバーと今回の本体に隙間が多かったのが丁度良くなりました。

金額的に余裕がある方はこっちをオススメします。

本当はこっちが欲しかったです、、、

秋月 杉の馬場

Akizuki sugino baba

トンネルのように桜並木が続いており、途中に駐車場もありますのでお車でいく事が可能です。

日、祝日の16時までは一方通行になっていますので気をつけて下さい。

売店やお手洗いもありますので、

途中にあるベンチでゆっくり花見をするのも風情があって素敵です。

四季によって雰囲気もかわりますので、桜の季節以外も楽しめると思います。

近くの川沿いも桜や野鳥など観ながら歩くのにも良いですよ。

福岡県朝倉市秋月野鳥

スマートフォンの地図アプリであれば、

「杉の馬場」と検索してもらうと出てくると思います。

動画は下記へ

https://www.youtube.com/channel/UCgmG_D2rWoNaN5J1GfWQ43w

GROM 合鍵を作ろう!!!

今回は合鍵について。

新車で購入した際にもらえるカギは、ジャックナイフキーと通常のキーの二本になります。

二本あるから十分!と思いがちですが、どちらも傷めるとメーカーで注文するとなかなか高いです。

また、ジャックナイフキーでは合鍵が作れません。

通常のタイプも後々合鍵を作ること自体は出来るのですが、使っているうちに変形や削れたりする恐れがあるので、新品のうちに合鍵を作っておくことをオススメします。

新しいうちで合鍵を作っていたらそこからまた作ることも容易です。

また、バイクのカギは案外身近な所で作成可能で、メーカーやバイク用品店でも手に入るのですが高く、下町の合鍵を作れる所なら安く作ってくれるのです。

平均600円前後くらいでしてくれます。

これがメーカーになると倍くらい変わります。

また、バイクや自宅などのカギだけでなく、一部の車なども可能なのでとりあえず観てもらうのが一番です。

その際、出来れば車体ごと行くことをオススメします。

合鍵といっても、人の手によって作るので一回で完璧ではない時があるのでその場での手直しならしてくれます。

ホームセンターなどは、合わなかったり、イマイチな場合でも対応してくれないことがあるので失敗した時は損です。

なので鍵屋さんが、安くて対応が良いのでオススメします。

また、合鍵なら金属のみのタイプなので後で持ち手の部分を削ったりしてグッズなどつけたりして個性を出したりも出来ます。

一例だとこういうのです。

GROM にハイオク?レギュラー?

グロムはレギュラー仕様です。

最初に言います、グロムにハイオクは意味ありません。

エネオスなどのエンジン洗浄効果が追加されているエネオスビィーゴ(ハイオク)を入れて、洗浄の意味でなら効果はあるかもしれません。

ですが、ハイオクを入れたからスペックや燃費が上がることはありません。

逆に圧縮工程で、圧縮しきれず不完全燃焼が増え、スペックは少し落ちる可能性があります。

なので結論から言いますと、

レギュラーをオススメします。

また、通勤などに使っていると平均的に添加材を買えるくらいの差が出ます。

そこでそれを考えるならオススメは、

ただこちらは注意として、20~60Lに一本で、20未満は1%を越えてはいけませんのでグロムは、約5Lしか入らないので気をつけて下さい。