GROMに他車種純正ステップを流用!!!

早速ですが、取り付け後の写真になります。

いかがでしょうか?

エンジン周りがグロムは黒色でほとんど仕上がっていて、そこをしまってみせたかったので純正のシルバーカラーのステップが気に入らなかったです。

でも、社外バックステップはレーシー過ぎるので個人的には違う。

では、塗る?いや、材質の問題で塗装してもすぐに剥がれてしまいます。

ならどうしよう?と悩んでいた所、そういえば共通パーツの多い同じエンジンをついたバイクがあるじゃないですか!

色んな共通が多く、フットペダルなども同じ。

これはそのまま着くのでは!?

ここまで言うと何のバイクを流用したか分かった人も多いかと?

そう、このバイクです!!!

モンキー125!!!

形、色、理想通り!

早速購入して、あてがってみると…

装着出来ました!!!

最近の大量生産モデルだけあって、細かな部分もほぼ同じで簡単に組み替えれました。

※ブレーキの踏み込み量が変わっていたので微調整をおすすめします。

ただ、ダウンマフラーを付けられている方は、固定部分が無くなるので要注意です。

また、交換前に比べて、下部が膨らんでいるのでダウンマフラーだと干渉する可能性があります。

逆に、モンキーにタンデムステップを考えられている方にも良いかと。

今後のカスタムの参考になれば、幸いです。

※自己責任にて行われて下さい。

バイクや立ち仕事の腰痛におすすめ!!!

普段バイクに乗ったり、立ち仕事の際にいつも気になっていたのが腰痛!

自分は腰痛持ちで、長時間連続にて作業や運転をすると、どうしても腰が痛くなる時があります。

それを誤魔化すために、湿布や途中で腰を捻ったりして少しでもと和らいでいました。

ですが、どうしても蓄積がされて後々痛くなったり、後日も痛いままの日が続くことがありました。

そんな中、よく立ち仕事などでコルセットを巻いている人を見かけました。

でも、金額が高かったり、それで効果なかったら無駄だなーって思っていて全然手を出してこなかったです。

そんな中たまたまレビューもよく、コスパがとにかく良く、湿布を使い捨てするなら効果あるならコルセットの方が安いなと思い試しに購入。

それがこちらになります。

金額がなんと、

¥1280円!!!

医療用のコルセットだと0が増えることもw

ちなみにサイズは、普段Gパンは32サイズ、シャツはLサイズで、今回のサイズはLで丁度良かったです。

想定の時は、腰に当てるものなので、おへそ辺りが良いかと個人的には思いました。

そして、今回の製品をつけてビックリ!

湿布を使わなくても腰が痛くなることがなくなったのです!

これはほんと感動しました。

そして、姿勢補正が出来、ぽっこりお腹が凹んだりなど嬉しい特典も(個人差あります。)

姿勢がよくなるということは、腰への負荷も減るということなので、それで痛みが無くなったのかもしれません。(医療に詳しくないため詳細は不明)

自分は愛用し始めて1ヶ月経過しても、やはり腰への痛みがなくなりもう無くてはならない物になりました。

製品もスッキリする作りなので、付けている感も服の上からじゃわからない感じです。

また、装着の際は、インナーはあまりマジックテープなどに反応しない素材がいいです。

腰痛に悩まれている方。

最近はぎっくり腰を起こす人が増えています。

1度なると、よくなりやすくなるため、自分の身は自分で守るしかありません。

コスパの良い物なので、合う合わないをまずチャレンジすることをおすすめします。

グロムカスタムファイナル

今回の記事をもって、グロムカスタムを終わりにしたいと思います。

終わりというか、手放すことを検討しているからです。

なので写真思いれとして、写真だけ掲載して終わりにします。

また違うバイクや、他の内容の時に記事を更新していこうと思います。

グロムに関して、ご視聴ありがとうございます。

GROM 汎用51パイマフラー(サウンド動画あり)

サンプルとして今回は雰囲気と、サンプル音を掲載しておきます。

参考までに。

今回使用した部品は下記です。

サウンドはこちら。

オススメライディングブーツorスニーカー

今回はライディングブーツorスニーカーのオススメをしたいと思います。

スニーカーなどで操作しても良いのですが、安全性やシフトミスを考えるとライディングシューズには敵いません。

使って体感出来るほどシフトがすんなり入り、一度体感すると普通のスニーカーに戻れなくなるほど良いものなので参考までに。

まずはこちら、

スコイコさんのライディングシューズ

ライディングブーツと聞くと、THEバイク乗って来ました感が気になる方も居ると思います。

スコイコさんはそういう方にオススメで、カジュアルなハイカットタイプでオシャレなので普段靴と間違えてしまいそうなくらい色んなファッションに手軽に合わせれます。

脱ぎ履きも、サイドにジッパーが付いているタイプなので、簡易に脱着しやすいです。

コスパも良く、国内メーカーという安心感もありオススメ出来るメーカーさんです。

次は、ガエルネさんのライディングシューズになります。

こちらは最近注目されている、

ゴアテックス

を搭載しています。

ゴアテックス社製品は簡単に言いますと防水に優れていて、防水が優秀ということは防風性能も高いということです。

なので寒い時期などでも爪先が冷えにくくなっているのでワンランクアップという意味でカジュアルなハイカットタイプの中でこちらもオススメ致します。

良いものが備わると高くなりますので価格差としてにタイプ別の掲載しています。


アルパインスターズ Alpinestars SMX6 V2 BOOT 3017 BLACK/GUNMETAL BLUE ライディングブーツ

次は、アルパインスターズさん

一度は目にしたことのあるロゴではないでしょう?私も現在こちらを使用しております。下記の違う記事にて詳細は説明致します。

上記のハイカットタイプに比べ脚をホールドしてくれる部分が増えるため疲れが軽減したり、脚のポジションの形が決まるので簡易にシフトしやすくなってシフトミスが減るなど利点がありますので、安全性や操作性などトータル的に1番オススメにはなります。

コスト以外であれば正直こちらのタイプを選らんで頂きたいところです。

またこちらは、人気のSMX6シリーズの最新モデルのV2になります。

以前のモデルに比べ、足首の部分のしなやかさや、内部のくるぶし部分の万が一の時に守る構造になっていたり、足裏の溝パターンを雨天でも滑りにくくしてるなど安全性や操作性をかなり向上しているモデルになります。

今の世の中であれば、キャッシュレフで還元が大幅につくのでタイミングによってはかなりお安く買えるので色々探し回られるのも1つかと思われます。

また、メーカーさんによってはサイズがEUなど海外基準が多く、インチで作っている場合などがありますので一度試着してから購入されることをオススメ致します。

表記サイズよりワンサイズ小さく感じることが多かったり、着られるウェアによっては、ブーツインする厚みなども計算をされる方が良いです。

私は足幅が広く、普段履いている靴サイズよりワンサイズ大きくして丁度良かったです。

今後のバイクライフのご活躍になると幸いです。