Nikon DXシリーズオススメレンズ

前回ご紹介した、


Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 AF-P ダブルズームキット ブラック D5300WZ3

に対応(5000シリーズ)したオススメレンズのご紹介を致します。

お店に行くと、だいたい単焦点レンズというのを紹介されますが個人的には今回紹介します、

広角レンズをオススメします。

ただ、今後フルサイズ(モーター内蔵モデル)を買い足したり、買い換えも可能である方はよく考えてレンズの選択をオススメ致します。

ちなみに、フルサイズにした時に本体とレンズ共にモーター内蔵の場合、良い方を優先と本体が識別しますので使うことは問題ありません。

ですがフルサイズなると、35mmサイズになるので簡単に言うとDXレンズをフルサイズ使うと約1.5倍拡大した状態で撮影になりますのでご注意ください。

また、レンズは毎年新作が出るわけではないのでそんなに値段の価値が変動はしにくいです。

それではまずオススメとして最近は海外メーカーの格安品からご紹介致します。


Neewer プロ8mm f/3.5非球面HD魚眼レンズ Nikon DSLR 8-8mmに対応【並行輸入品】

周辺部品でも最近よくみかけるメーカーさんです。

お手頃なので購入はしやすいかと思います。

ただあくまでもレンズは値段相応で安い物には理由があり、安いとレンズの質が低かったりしますので、表現できる力が撮影するとわかるように全然違ってきます。

ただ、世界観は安くても楽しめると思いますのでご参考に。

まずなぜ上記をオススメしたかといいますと、上記は広角レンズといいまして、DXシリーズであれば焦点距離が18より下になると広角と呼ばれます。

数字が小さくになるにつれて、撮影範囲の幅が広がります。

それが広角です。

例えば、今までであればもう少し横まで撮れつつ近寄れたら真ん中に映るものがハッキリして良いなって思うことが出てくるはずです。

そういう時は広角レンズの出番です。

広角レンズは、18mmに比べもっと球体の形をしたレンズになりますので更に近づきながら幅広く撮れます。

ただ、球体で撮るということは、左右が曲がっているように撮れるということです。

言葉ではわかりにくいと思います。

その時は、交差点などにあるカーブミラーを観て、近づいたり離れたりしてみてください。

それが広角レンズでは同じことが起きていますので、体感でわかります。

それをうまく、歪んで撮らないように使うと広い範囲でその場を撮影した時、美しい表現が出来ます。

あくまでこれも一つの例えであり、あえて歪まずのも一つとして楽しめる表現です。

シチュエーションとしては、桜などを木の下から真上に向けて撮ると広がってる姿をより多く撮影でき、歪みがあるのが逆にアクセントになります。

そういった形で写真は色々楽しめます。

では、ここから個人的にオススメのレンズを紹介します。


Nikon 広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用


Nikon 超広角ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 10-24mm/f/3.5-4.5G ED ニコンDXフォーマット専用

まずは王道のメーカー統一。

買って損はないと思います。ただ、高いです。良いものは高いがレンズでは基本になります。

トータルバランスの良い表現をします。

次に、


Tokina 超広角ズームレンズ AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 (IF) ASPHERICAL ニコン用 APS-C対応

タムロンさん。

柔らかい表現をしてくれるメーカーさんで、目でみた姿をもう少し暖かい感じに表現してくれます。

次に、


SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

シグマさん。

シャープな感じで、かっこいい感じの表現をしてくれます。

ちなみに、メーカーの基本的な値段を順番にすると、

Nikon←シグマ←タムロン

だいたい同じクラスで順番をつけるとこうなります。

ちなみにFの数字が小さいほど、明るいレンズ=高いです。

Fが数字が小さいとよりレンズの質や枚数が多かったりしますので、掛かっている費用が違います。

なので、良いレンズや明るいレンズと表現をすることもあります。

例えば、

シャッタースピード1/100 f3.5

シャッタースピード1/100 f2.8

では下記の方が同じスピードでも明るく撮れます。

手持ちの撮影や、夜の撮影などで有利になります。

また、早くシャッターをキレる分、ノイズが入りにくいです。

ご参考になれば嬉しいです。

写真を簡単に動画にするオススメアプリ

手軽で難しくなく、スマホで作業が行えるアプリをご紹介します。それがこちら、

FilmStory

なれてしまえば10分あれば出来ますよ。

無料アプリで、最大30秒までの動画作成が可能です。

そして魅力的なのが、iPod対応でiPodに保存している音楽を入れることが可能です。(曲によっては不可の場合もあります。)

再生する画像の時間や文字を挿入したり出来て手軽でオススメです。

30秒以上を求める方は、有料会員へなっていただければ長編も作れます。

写真と音楽の選択は直感でわかるのですが、最後の決定ボタン?みたいなのが少し自分はわかりにくかったのでそれだけご紹介しておきます。

まずは写真をギャラリーから選択し、音楽を右下の+ボタンを押して選曲をしたらタップします。

後は、最後に作成ボタンなのですがそれがどれ?となり、よく観ると、一番上の真ん中辺りによくリモコンなどでもみる再生のマークがあります。

そちらを押すと、作成スタートなり枚数や音楽の容量によって完了時間が違いますが、だいたい10分前後もあれば完了します。

作成スタート押してから、アプリは閉じても問題ありませんので、違うことをしてる間にあっという間に完成してます。

完成後は通知がきますので、後は観賞用に使ったり、拡散やYouTubeなどへ。

ただ、YouTubeなどへ投稿する場合は音楽によっては著作権が関してきますのでご注意を。

参考になれば幸いです。

カスタムパーツのカラーの注意点

今回はパーツの紹介ではなく、どの車両でもよくあるパーツのカラーについて、注意点を記載しておきます。

バイク、または車などを購入した際何かつけてみたいやカスタムしたいなど思われる方が多いのではないでしょうか?

自分もその一人で、自分の場合はカスタムが好きで色々買っちゃいますw

その際、よくパーツのカラーをどうしようかな?と悩むことが多いです。

ただ、好きな色やトータルバランスなど色々な選び方があるとは思いますがその際に、赤色や暖色系の色を選ぼうと考えている方は注意してください。

基本的に、ガレージや屋根のある所で管理されている方や、定期的に洗ってコーティングをしてカバーをする方はあまりなりにくいのですが、

青天や紫外線を当たりやすい場所での保管をされている方は、紫外線により特に赤色パーツはメーカー品の塗装であっても日焼けをして赤色から、薄ピンクに変色する可能性があります。

自分も青天管理の時は、過去に起きました。

バイクや車の車体でもそれはありえることで、パーツに比べるとなりにくいですが、

過去に紹介したバリアスコートなど簡易なコーティングを行っているだけでも変わりますので試してみてください。

ちなみに、バリアスコートは車にも対応していますので試してみてください。


ワコーズ(WAKO’S) バリアスコート 300ml A141 STRAIGHT/36-1141

WiMAX WiFiで一番オススメ!!!

自分も愛用しているのですが、以前はY社さんを利用していました。

内容を聞いていると、どちらも似たような内容でそれなら当時の知名度でY社にしました。

ですが、どちらも制限無しというのがY社では少し違って実質無料という形でした。

実質というのは、一定制限に達した際に更新をを押すことによりリセットされ、また一定までは無制限という感じです。

なかなかこれが毎回になるとめんどくさかったり、元々電波が弱い所であると、それが受理されるまで時間がかかるということがあり、通信の速度が戻るまで時間かかったりします。

そんなこともあり、更新月に今回の

WiMAXに契約してみました。

こちらは、上記のようなことがなく何も気にせず気軽に使えます。

通常のスピードの他にプラス課金をすることにより、更に早いはあスピードモードが使えます。

後は、気になるのは電波で各メーカーが立てているアンテナの有無によって電波が変わってきます。

WiMAXさんはどちらかというと、これからアンテナを増やし安定していくような感じがします。

またスマホの基本料などを下げれば、YouTubeなど動画をよく観られる方ならトータルで支払い額が下がるはずです。

今後が楽しみです。

最後までご視聴ありがとうございました。

角島大橋 どの時間帯がオススメ?

近年角島大橋は、ツーリングや観光スポットになり、長期休みなどではかなりの混雑が起きています。

早い時間帯に行き、青い海をという方がほとんどで午前中は基本的に込みます。

だからといって昼間は?と思うでしょうか昼間は午前中の方が帰られる時に被って更に込みます。

それで個人的にオススメは、夕方前後です。

混雑の可能性でも昼間を!というからはそれもまた人それぞれの楽しみ方なので良いと思います。

ただ、夕方にしかない雰囲気もあります。

角島大橋や、廻りの海がオレンジ色に染まるのも風情があって素敵です。

参考までに昼間と夕方の角度は違いますが、雰囲気を見比べてみて好みの角島大橋を楽しんでみてください。

余談ですが、木村拓哉さん主演ドラマ「HERO」の撮影現場にもなった所です。看板が設置されていますのですぐにわかりますw