ゆくはし植物園




園内の花は定期的に手入れがされている感じがあり、良い状態のお花が多かったです。

また、観葉植物などでテイストされてて園内の雰囲気がよく、こういう風に飾るのも良いな、などのイメージも出来ました。

他に果樹植物もあったり、その時によってsale品もありますので、色々チェックしてると良い出逢いがあるかも。

奥にはCAFEがあります。(別の記事で掲載)疲れたりお腹空いた時に是非行ってみて下さい。

美味しくてオススメです。

動画は下記へ

https://www.youtube.com/channel/UCgmG_D2rWoNaN5J1GfWQ43w

ゆくはし植物園の場所は、

福岡県行橋市上津熊221

Bambina ボタニカルカフェ バンビーナ

bambinaに行ってきました。

ゆくはし植物園の中にあり、植物に囲まれたCAFEでオシャレです。

中では好きな席を選べるので、天気が良い日などはテラスがオススメです。

今回は雨天で寒かったので店内にしました。

こちらでは、パンケーキやロコモコなどハワイ系な料理が多く、その時の気分で食事を楽しめます。

今回は、ロコモコにしてみました。

ご飯、白米と雑穀米が選べます。

とてもジューシーなハンバーグで噛めば噛むほど旨味が出てきて、それに合わせての雑穀米がとても美味しかったです。

次はパンケーキ食べたいな。

場所は、ゆくはし植物園と調べていただけるとわかりやすいです。

GROM ヘルメットホルダー ハンドルバー用

今回はこちらの取り付けに関してご説明します。

ドリームホンダでもオプションでオススメするほどです。

グロムはシート下にヘルメットホルダーが標準で備わっていますが、正直使いにくいです。

外装が傷つく可能性もありますし。

こちらであれば、純正フロントブレーキマスターを固定しているクランプと入れ替えなので純正の雰囲気を壊さず取り付けれるのでオススメですよ。

カラーは、ブラック、クローム、ブラック/ゴールド、の三種類です。

取り付けもいたって簡単です。

必要工具は、8mmソケット、六角L型レンチ以上です。

まず、純正の8mmボルトを2つ外します。レバーとブレーキマスターが落ちて廻りを傷つける可能性がありますので押さえたりタオルなどを引いておく方がオススメです。

商品付属の溝が掘っている方を進行方向に向けて、ピンがある方が上になります。

純正のボルトを流用して、まずは上側だけを固定します。(フランジ付きのボルトなので不要とは思いますがいちをワッシャーを入れました)

上からみて隙間が無くなるように軽く締めて下さい。(後に下を締めた時に上側には力が加わるのであまり強く締める必要はありません。)

次にカギのついた本体を、ロックを解除した状態で付属のボルトを使い固定します。

最後にレバーの高さを確認し、調整してください。

以上になります。

コストもそこまで高くないのでオススメです。

ジブリ大博覧会




福岡博物館にて、

ジブリ大博覧会

を観てきました。

入り口には、大きな船が飾ってありました。

上下に動いたり光ったりするのでゆっくりみてください。

チケットは、一階で販売。

会場は、正面階段を右側に上がってすぐです。(会場内にはお手洗いないので博物館内で先にすませておきましょう。再入場不可)

また、会場内は、

ネコバスエリア以外撮影不可(福岡行き)

になっていますので一眼レフなど持っていきますと荷物になります。(私のことですw)

順路は一通で、混んでいますので廻りの展示物を破損しないように気を付けましょう。

中には色々展示してあって、滅多に観れない原画などもありますのでジブリ好きの方は是非足を運んで見てください。

動画は下記へ

https://www.youtube.com/channel/UCgmG_D2rWoNaN5J1GfWQ43w




低コストのオススメキャリパー

今回は、キャリパーについて記載致します。

カスタムしていくと、オシャレは足元からということで、純正ではなくホイールやキャリパーを交換したくなりませんか?

今回はキャリパーのオススメをご紹介します。

キャリパーとなると王道であれば

ブレンボとニッシン

が最初に思い浮かんだりオススメされることが多いのじゃないでしょうか?

それだけ言われるということは、愛用している方が多く、ブレーキ関係で安全面で特に大事な部分なので信頼性は高いですね。

ラジアルマスターも同様です。

なので、純正装着に採用されることもあります。

ただ、汎用で販売されているブレンボの、

40mm4ポットや84mm2ポットカニキャリパーは

鋳造

になります。

普段乗りであればそこまでシビアに気にしなくて良いと思いますが、レースやスピードを出してからのフルブレーキなどの本体に圧がかかる使い方をされる場合は、一年くらいで歪みがおきます。

簡単に鋳造を説明すると、合わせて作っています。

そう思っていただければ歪むということが理解出来ると思われます。

そこでオススメしたいのが鍛造です。

鍛造をイメージでいうと、型に流し作成なので圧がかかっても歪みにくいです。

ですが、鍛造を作成する場合、コストがかかるため鍛造製品は高いです。

そのため、サイズによって鋳造製品があり、コストも安めなので購入しやすいです。

だけど、そうなるとミニバイクでも鍛造が欲しくなりますよね。

そんな方にはこちらをオススメします。

Frando HF-8 4POT鍛造キャリパー【正規輸入品】
Frando 9GA 2POT鍛造キャリパー【正規輸入品】

Frando(フランドー)

をオススメします。だいたいこの辺りがミニバイクなどであれば検討される種類かと思います。

Frandoは、鍛造でとてもコストパフォーマンスが良いです。

ただ知名度が低く、知らないということから信頼性が国内では低いみたいです。

ですがイタリアの有名メーカーです。

生産国は、台湾になります。(なぜかはわかりませんが色々事情があるのでしょう)

海外では、ミニバイクから、大型バイクまでレースに採用されることもあり、低コストで鍛造を入れたい方にはオススメ出来ます。

また、イタリアメーカーさんだけあってカラーバリエーションが豊富です。

さすがオシャレな国は、カラーセンスもオシャレなのが揃っています。

人とは違うカラーを入れてオシャレにカスタムしてみませんか?

注意として、上記リンク先は正規代理店なので安心して下さい。最近他のサイトにて偽物が出回っています。

偽物は、裏面にステッカーがなかったり製作国の、TAIWANが未記入だったり、ブレーキパッドが違うメーカーのがついていますのでご注意を。

不安な方は、下記リンクはFrando さんがホームページからリンクして販売しているので間違いはないのですが、

フランドー キャリパー

と検索していただけたら一番上に出てくると思いますのでそちらからアクセスしてみてお問い合わせしてみてください。

一部ですが、所有しているキャリパーを掲載しておきますのでカラーの参考までに。(実際の色味に似せて撮影しています。生産ロットによって多少変わる可能性はありますのでご理解を。)コレクションが増えたら追加していきますw

それではまた。

アイアングレイ(ロットによってシルバーよりだったり、鋼のような色味があります。角度によって色味が変化することもあるので存在感あります。)
新色 ブラック(The Black、間違いなくブラックやなという色味です。最近の新しい色で、ブラックなので合わせやすいと思います。シンプルな感じが好きな方にオススメです。)
ハードアルマイト(マットのガンメタのような感じで角度によって明るくも見えます。ハードタイプなので変色しにくく一番無難な感じがします。在庫限りで販売を終わる可能性が高い色なので気になった時はすぐに購入をオススメします。)