GROM ローダウン&ロングカスタム始動




部品が揃ってきたので、グロムを本格的にカスタム始動開始です。

まずは、ビフォーアフターをご覧ください。

マフラーの位置やスイングアームの角度を観ていただけるとわかりやすいと思いますが、思いっきり下げちゃいましたw

作業手順はなかなか一人でジャッキなどを使いながらの作業だった為、撮影は出来ていません。

なので後日に、ここを分解すれば外れるやコツなどまとめたいと思います。

使用した部品や注意点、予算などを明記しておきます。(あくまで現在での仕様に使った部品です)




フロント 

NCY 27パイディスクタイプフロントフォーク(ブラック&ゴールド) DIO&ズーマー用 11340円

Steady Garage フロントフォークアダプター(ブラック) 19224円

dorbyworks キャリパー(ブラック) 15000円

RRGS キャリパーサポート(ブラック) 6000円

SWAGE メッシュホース類(ブラック) 10000円(バラ売りのため曖昧)

リア

ComposiMo ローダウンリンケージ6.5(シルバー) 10584円

ComposiMo ビレッドサイドスタンド 18339円

ComposiMo アジャスタブルストレッチキット 37779円

ComposiMo ビレットストッパー 4947円

トータル金額

約13万円(税込送料別)




使用するメーカーなどによっては金額が変動しますので、あくまでも初期投資の参考程度でお願い致します。

またグロムのローダウンパーツは、SCRワークスさんでほとんど手に入りますので検索してみてください。

ローダウンパーツ選びの注意点としては、

「6.5リンケージ」は、かなり下がる為旧型はヘッドライトとタイヤの隙間が少ないため干渉する可能性あります。

また、サイドスタンドをスイングアームに固定するビレットサイドスタンドか、かなりのショートタイプスタンドが必要になります。

流用でモンキーなどの調整式サイドスタンドでも不可です。

その場合は、4.5リンケージでギリギリなのでスタント思考なのか、街乗り出来つつのローダウンを楽しまれたいか、そこを決めてから選ばれることをオススメします。

また、今回は形がまとまっていませんがUSDMなのか、JDMなのか、ある程度の完成図を思い浮かべてからメーカーを選ばれる方が良いと思われます。




錦帯橋(きんたいきょう)




山口県岩国市にある

日本の三名橋の一つである

錦帯橋(きんたいきょう)

になります。

日本を代表する木造橋です。

四季によって橋から見える景色は色々変わるのでどの時期に行かれても楽しめる場所だと思います。

川の流れる音も風流でとても素敵です。

渡舟が定期的に運航していますので行かれた際は是非。

橋を渡る通行料、往復300円

駐車場、300円

城側は、砂の駐車場

反対側は、砂利の駐車場

低い車はご注意を。

バイクでも同じ場所で駐車出来ます。

他に岩国城など色々ありますので、他の料金はその場で確認をお願い致します。

〒741-0062

山口県岩国市岩国1丁目2
0827-29-5116





祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)

日本三大稲荷の一つです。

テレビなどにもよく出て、駅伝などでも有名です。

ご利益もかなりあると言われています。

こちらでは、馬をもちいたお守りが有名ですのでお立ち寄りの際は是非。

849-1321

佐賀県鹿島市古枝下古枝

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ) 光の道

嵐のCMで有名になった福岡県のスポットです。

玄界灘へ向かう鳥居が夕日とかぶり一直線上にのびる姿が幻想的です。

現在は観れる日には指定席で有料ゾーンもあります。

また、バイク好きには嬉しいバイクの柄のお守りもありますのでお立ち寄りの際は是非。

〒811-3309
福岡県福津市宮司元町7-1
Tel : 0940-52-0016
Fax : 0940-52-1020

スマホ非対応グローブを対応にする方法

ランドポートさんの

スマホッチ

です。

最近は、ツーリングやソロツーなどでスマホでナビをされる方が増えてきています。

でも案内を変えたり、スクロールして少し先の方をみたいなどあった時に毎回グローブを外すのはめんどくさいし、気に入ってるのに買い直すのは嫌だなって方にオススメです。

革のグローブなどでも、操作する指の部分に数的つけるだけでスマホを操作出来るようになります。

擦れる部分になりますので、操作出来なくなってきたらまた塗り直すだけです。

これからの夏のツーリング前に是非。