ダイネーゼやアルパインスターズなどの海外ウェアを選ぶ時の注意点

ダイネーゼやアルパインスターズなど海外メーカーが流行っています。

ただ、近くに販売店が無かったり店頭販売していないことがあったりします。

その場合ネットで注文をすることなどありますがそうなるとなかなかサイズで困ることが多いと思います。

そんな時の参考までにと思い今回記載しておきます。

私のステータス

身長174cm、体重65kg、指は長め、足は横幅が広め。

普段着Lサイズ、スニーカー29cm。

グローブの場合

国内メーカー、コミネやシンプソンで、Lサイズを使用。

海外メーカー、ダイネーゼでSサイズ、アルパインスターズでM、ジャストでした。

オススメはこちら。

メッシュにプロテクター付きで3シーズン利用可能です。

少し肌寒い時は、薄手の防風インナーのグローブを中につければ色んなシーズンにも使えるので、1つあると色々便利なタイプのグローブです。またメッシュタイプなので手に元々から馴染んだ状態で使えるので操作ミスの可能性も少ないです。また、手首の部分がショートタイプなので手軽に使えます。ロングタイプはウェアによっては手首の部分でサイズが合わずウェアによってグローブが脱げる方向に押されたりして操作ミスの可能性を引き起こしますので要注意です。なのでどんなのでも合わせやすいショートタイプはどんなスタイルにも合わせやすく、こちらはどんな色にも合わせやすいブラックカラーから、最近流行りの蛍光色までそろっているのでオススメです。

ジャケットの場合

国内メーカー、シンプソンやイエローコーンでLサイズを使用。

海外メーカー、ダイネーゼやアルパインスターズで、夏用EU48、冬用EU48でジャストでした。(レザージャケットやレザースーツもEU48でした。)

おすすめは、こちら。

こちらのモデルは、抜群の通気性のメッシュ生地ですが脱着可能な防風インナーが付いていますので夏夜の肌寒い時などでも使えるので3シーズンジャケットに便利です。またレディース設定もあるので、カップルコーデが可能な点もオススメですよ。また、転倒時のことを考えて、胸と背中にプロテクターを追加するのもオススメです。

パンツの場合

国内メーカー、コミネでLサイズ、ジーンズは32インチ。

海外メーカー、ダイネーゼでEU48または32インチ、アルパインスターズでLサイズ。(上下のサイズは基本同じです。レザーパンツなどは、ウエストを基準にご購入ください。ジーンズタイプは普段履かれているパンツと基本変わりないです。)

おすすめはこちら。

春夏秋では、ジーパン派やウェアパンツ派で分かれます。

また、ジャケットはライディング姿勢をした時に、少し背中が見えるためパンツと連携させるジッパーがついていて、ウェアパンツには連携出来ますが、ジーパンではそれが出来ない。ですが夏などは特にサイズの合ったインナーを着た方が効率よく冷やしたりできるのでそうなると背中が見えてしまう可能性があります。そんな時にこちらが便利です。こちらは、ベルトと一緒に通すことで、ジーパンに連結機能を追加を簡易で出来るようになる便利グッズです。なのでスタイルも快適性も損なわず好きなのを履けるようになるのでオススメです。

レーシングブーツの場合

国内メーカー、エルフで29cmを使用。

海外メーカー、ダイネーゼやアルパインスターズで、EU47でジャストでした。ダイネーゼのほとんどやアルパインスターズの上位モデルはインナー付きがあり、くるぶし辺りが少し細くなりますのでご注意を。(ライディングシューズは、ダイネーゼEU43、アルパインスターズEU45がジャストでした。作りがレーシングブーツより大きめでした。)

おすすめはこちら。

レーシングタイプとライディングタイプでは好みが別れ、ツーリング先の出先でも楽に脱ぎ履き出来る意味でこちらをオススメします。つま先は普通のスニーカーに比べ少し強度を足している感じです。また、サイドにジッパーがあるので脱ぎ履きが簡易です。見た目も普通のハイカットスニーカーのようでスタイルを気にせず履けてオススメです。

ヘルメットの場合

国内メーカー、ショーエイやアライやカブトで、Lサイズを使用。

海外メーカー、AGVで、Lサイズでジャストでした。

オススメはこちら。

こちらのモデルは、上位モデルの良いとこどりでとても軽く強度もあり、豊富なカラーバリエーションがあってとてもオススメです。

装着したフィット感や肌触りもとても良い製品です。また、ミラータイプなどのシールドを付けることによって外からは顔は見えないですが、日中であれば支障のない程度には見えます。肌寒い時期などには、シールドにピンロックシート(曇止め)を付けることによって断然と変わるくらい曇らなくなります。ハロゲンライトのバイクオーナーさんの場合は、夜にブルーミラーなどのシールドはかなり見えないのでスモークかクリアーをオススメします。LEDライトでだいたいの周り状況を確認出来るレベルです。

AGVさんは、ヘルメットのサイズによってシールドのサイズが2パターンあります。「XS-S-MS」、「M-ML-L-XL-XXL」で区切られていますので購入の際はご注意ください。ピンロックシートは、サイズは関係ありませんのでシールドにあったピンロックシートを選んでいただければ問題ありません。

ちなみに、K1(K3とK5共通、SVは非対応)シリーズであれば、

シールドは、GT4(M-ML-L-XL-XXL)、GT4-2(XS-S-MS)。純正や過去の後付けはGT2ですが後付けは今は廃盤です。純正クリアと今のGT4のピンロックシートは非対応なのでお気をつけてください。シールド左横に品番記載ありますので要確認。)

ピンロックシートは、マキシ70 DKS255(サイズは共通。純正クリアシールドには非対応。)

以上が参考になれば幸いです。

あくまで体格差があり個人的にはなりますので、出来れば試着をオススメ致します。

自分が試した品での感覚は、ダイネーゼよりアルパインスターズの方が少し大きいことが多かったです。

海外メーカーでもサイズが異なることが御座いますのでご注意を。

CB400X (初期型)マフラー交換&注意点

スリップオンタイプ(リアピースのみ)のマフラー交換方法と注意点をご説明致します。

スリップオンのみなので作業はとても簡単です。まずは、Before Afterをご確認下さい。

before
after

作業方法

マフラーの中間上部と付け根のバンドになっている2箇所のボルトを外して、上記写真からみると上下に回しながら後方へ抜くと取れます。

付け根の所には銀色のガスケットがついているので、製品によってはサイズが変わるため交換が必要です。(純正に戻す時にも必要なので下記に載せておきます。)

取り外しは上記で終わりになりますので、後は専用品などであればメーカーの説明書通り取り付けを行うだけです。

注意点

中間パイプ(純正は一体型)の根元付近に、センタースタンドを戻した時の受けが付いている為、社外マフラー交換時には、センタースタンドを取り外す必要があります。

外さずに交換した場合、作業は出来るのですが、交換後にセンタースタンドを戻すと受けがなくなり通常より上に戻ってしまい、チェーンに常に当たってしまうため走行不可になりますので交換をされる場合はご注意下さい。

今回掲載していた汎用マフラーと中間パイプはこちらになります。こちらの中間パイプは、純正より内径が小さい為、ガスケットを小さいものか液体ガスケットが必要なのでご注意下さい。


バイクスリップオンマフラー バイクサイレンサー 汎用 50.8mm 長さ160mm

KIMISS オートバイの排気ミドルパイプ リンクコネクト ホンダCBR500R CB500X CBR400R CB400X用

今後のカスタムの参考になれば幸いです。(今回の車両の初期と二代目の見分けはライトがハロゲンで、二代目はLEDで見分けれます。)

新型コロナ対策 水着マスク

新型コロナウイルスが一気に拡がっています。

そんな中、マスクがかなり数薄になり、入手困難な状態になっています。

そうなると、使い捨てでは対応しきれないのが現状なです。

なので再利用可能な、

「水着マスク」

をオススメします。

こちらは、洗って一定回数再利用可能なので使い捨てと違い利用を少し伸ばせます。

デザインや素材によって利用回数が違いますので1部掲載しておきますので良ければご観覧ください。


【返品交換不可】マスク 水着素材 水着生地 水着マスク 布 洗えるマスク 繰り返し 同色12枚セット 大人用 子供用 すっぴん UV対策 水中プール 白 ホワイト 黒 ブラック 防寒 通気性 ますく mask uvカット ポケット付【5月上旬頃入荷予定】

マスク 水着素材 水着生地 水着マスク 布 洗える 洗えるマスク 大人用 子供用 男性用/女性用 キッズ 白 ホワイト 黒 ブラック 防寒 通気性 個包装 手作り ますく mask 繰り返し 2枚セット 小さめ 伸縮性 uvカット ポケット付 柄 入学 入園 メール便y【5月上旬入荷次第発送】

【返品交換不可】マスク 洗えるマスク 水着素材 水着生地 水着マスク 布 繰り返し 同色3枚セット 大人用 子供用 すっぴん UV対策 水中プール 白 ホワイト 黒 ブラック 防寒 通気性 ますく mask uvカット ポケット付【5月上旬頃入荷予定】