一眼レフカメラ 基礎知識編 夜景撮影には三脚必須

色々撮っていくと、夜の撮影も増えてくると思います。

花火やライトアップの時期などは特に暗いシーンでなかなか手持ちだけでは画質をかなり落としての撮影になってしまっていると思います。

そうなると、三脚が欲しくなってきます。

三脚にも種類があるのでご紹介します。比較で安いのとオススメメーカーのベルボンを掲載致します。

個人的には、オススメメーカーのベルボンを選んで頂きたいです。補修部品やレパートリーも多く買って損はないメーカーです。自分も愛用して他のメーカーは使えなくなるくらい良いです。

種類は基本的に、

ロータイプ(ミニ三脚)

通常タイプ

1脚タイプ

があります。

まずは、ロータイプ。

こちらは花、プラモデルやフィギュアなど被写体が小さかったりなどの時にオススメです。

軽量、小さいので持ち運びにも便利です。

通常タイプ

こちらはオールマイティーな感じですね。種類によって高さや収納性がかわってくるので、メインで撮りたいのに合わせて選んでいただくと良いです。

花火などシャッタースピードを長くするのに使いやすいです。

個人的には、三枚目がかなりオススメです。

自分もこのタイプを使っているのですが、高さの幅が広く、かなり小さく畳めるので持ち運びにかなり便利で一つあるとかなり使えます。

1脚タイプ

簡易にセルフタイマーを使ったり、下の部分を外してスティックタイプに変換すれば、重たいレンズの望遠などを使って航空ショーや野鳥など動くものを撮るのに便利です。ストロボの台にも使えます。

また、下の部分を外してロータイプとしても使えますので便利です。

簡単にまとめてもこれだけの種類がありますので、撮影したい用途に合わせて選び、更に撮影の幅を広げて楽しみましょう。

ワンキー化 バイクのヘルメットホルダーなど。

バイクで、ヘルメットホルダーを社外品で増設した時などにカギが増えるのめんどくさくないですか?

一本にまとめられたら楽だなーと思いませんか?

ということで今回はワンキーのやり方を説明致します。

ただ、出来ないタイプのカギもありますのでご了承ください。

後程掲載する写真の形であれば大抵出来ます。(キタコなどのヘルメットホルダーなどは大丈夫な可能性大)

必要な道具は、

分割する物によって違いますが今回のは、プラスドライバー、スティックタイプのダイヤモンドヤスリ(安物でも出来ますが安いのだとかなり時間かかります)

以上から察してもらえると思いますが、削ることがほぼなので忍耐ですwww

せめてこういうダイヤモンドシリーズを使いましょうw安すぎると指が痛くなるくらい頑張ってくださいw

今回使うのはこちらになります。ホンダ系のヘルメットホルダーになります。お手頃ですw

カギの部分を丸ごと外したいので、裏のネジを外します。

ネジとプレートを外すと、ブロックとスプリングなどがありますのでそちらも外します。(スプリングが小さく飛んで無くしやすいので手で押さえて外しましょう)

バラすとこんな感じの部品がありますので、無くなっていないか確認してください。奥に見えるスプリングも外します。

上からみるとこんな感じです。この銀色のを抜きます。

抜くと今回の本題のシリンダーになります。それを横からみると、凹凸にプレートが見えます。

順番通りにプレートと、中にスプリングが入っていますのでご注意を。

ここまでバラすと構造的にある程度はわかっていただけると思います。

2つ前の画像と比較してほしいのですが、2つ前が差し込む前、こちらが差し込み後の画像になります。

プレートをよくみていただくと、穴の位置が全部バラバラです。

差し込むと、穴位置が合ったところまでスプリングを押して中に入ります。

なのでワンキーに使いたいカギを差し込んでシリンダーからはみ出ない位まで上側、または下側を削ります。

そうした後が上の画像になり、ワンキーになります。

本体側には、溝があり、キーを抜いた時に飛び出てシリンダーが本体に引っ掛かりロックする仕組みになります。

本体に何回か、入れたりして調整しながらこまめに行ってください。

グロムの場合は、そこだけでなく、カギが太いので、差し込む部分も拡張してください。

タンク内部の錆を落とすには?

バイクの年月が経ったり、中古のタンクを検討された時など気になってくるのがタンク内部の錆です。

ですがタンクは、ばらすことはなかなか難しく、下の方になると手が入らないことが多いです。

そうなると諦めて新しいのを購入したり、乗り換えを考えてしまうことがあります。

でも、愛車をずっと手入れしてあげたい。というかたはまずはチャレンジしてほしいことがあります。これで錆がとれない場合は、次はもうなかなか厳しいという方法をお教えします。

それがホームセンターなどで手軽に手に入る、

サンポールと、ネジです。

やり方は簡単です。

車体からタンクを外し、

サンポールとネジをタンク内部に入れて、シャカシャカ振るだけ。

使うネジなどは、余っているネジや錆びネジでもかまいません。そのネジもきれいになるので。

途中タンク内部を覗いて、度合いをみて中のものを全て排出。

但し、サンポールは汚染の原因になりますので裏面に従って正しい処理を行ってください。

また、サンポールを行った後は塗装を剥がしたりする威力もありますのでしっかりと洗剤などを使ったりたくさん洗浄してください。

逆に錆びたり、ダメージを与える原因になりますので。




伏見稲荷大社 千本鳥居 関西 京都

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

京都の伏見稲荷大社になります。

写真は、千本鳥居といいます。

頂上まで鳥居がトンネルのように続いており、斜めや階段があるので動きやすい靴などで行かれることをオススメします。

駐車場は、無料がありますのでそちらをご利用されるか、近隣に駅がありますのでアクセスしやすいです。

場所は、

京都府京都市伏見区深草藪之内町

曽爾高原 奈良県 関西




曽爾高原(そにこうげん)

夏と秋で風情が変わる素敵な場所です。

写真は、夏に行った時のになります。

10~11月の秋になると、緑の部分がススキで一面茶色になるので一気に雰囲気が変わり、どちらも素敵なハイキングなどを楽しめます。

上まであがるには足場が悪いので運動靴などで行かれることをオススメします。

また標高がかわりますので、水分は持参することをオススメします。小まめに水分補給しないと体調を崩す原因にもなりますのでお気をつけ下さい。

場所は、

奈良県宇陀郡曽爾村太良路