基礎知識 一眼レフカメラ編 焦点距離による領域の違い

前回お話した、広角、単焦点、標準、望遠レンズを覚えていますでしょうか?

今回は、この4種類がどう分けられているかをご紹介致します。

焦点距離が35mm以下の場合を

広角域

といいます。

35mm以上100mm以下の場合を

標準域

といいます。

100mm以上の場合を

望遠域

といいます。

単焦点は、一点の焦点距離のみの事を言います。

こうやってレンズは区分されています。

上記はフルサイズ(35mm換算)のことを表していますので、

DXフォーマット(APS-C)の場合は、約1.5倍ずれます。

ここまで、いかがでしょうか?

勉強と思わず、まずはカメラを楽しんでください。

そして、その楽しみを更に体感出来るように覚える。

そう思って頂けると覚える事が区ではなくなります。

何であってもチャレンジ精神をお忘れなく。

さすれば新たな道や、自分の楽しみ、可能性何かが増えるはずです。

それでは今回は以上になります。

See you next!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。