一眼レフカメラ 基礎知識編 夜景撮影には三脚必須

色々撮っていくと、夜の撮影も増えてくると思います。

花火やライトアップの時期などは特に暗いシーンでなかなか手持ちだけでは画質をかなり落としての撮影になってしまっていると思います。

そうなると、三脚が欲しくなってきます。

三脚にも種類があるのでご紹介します。比較で安いのとオススメメーカーのベルボンを掲載致します。

個人的には、オススメメーカーのベルボンを選んで頂きたいです。補修部品やレパートリーも多く買って損はないメーカーです。自分も愛用して他のメーカーは使えなくなるくらい良いです。

種類は基本的に、

ロータイプ(ミニ三脚)

通常タイプ

1脚タイプ

があります。

まずは、ロータイプ。

こちらは花、プラモデルやフィギュアなど被写体が小さかったりなどの時にオススメです。

軽量、小さいので持ち運びにも便利です。

通常タイプ

こちらはオールマイティーな感じですね。種類によって高さや収納性がかわってくるので、メインで撮りたいのに合わせて選んでいただくと良いです。

花火などシャッタースピードを長くするのに使いやすいです。

個人的には、三枚目がかなりオススメです。

自分もこのタイプを使っているのですが、高さの幅が広く、かなり小さく畳めるので持ち運びにかなり便利で一つあるとかなり使えます。

1脚タイプ

簡易にセルフタイマーを使ったり、下の部分を外してスティックタイプに変換すれば、重たいレンズの望遠などを使って航空ショーや野鳥など動くものを撮るのに便利です。ストロボの台にも使えます。

また、下の部分を外してロータイプとしても使えますので便利です。

簡単にまとめてもこれだけの種類がありますので、撮影したい用途に合わせて選び、更に撮影の幅を広げて楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。