ワンキー化 バイクのヘルメットホルダーなど。

バイクで、ヘルメットホルダーを社外品で増設した時などにカギが増えるのめんどくさくないですか?

一本にまとめられたら楽だなーと思いませんか?

ということで今回はワンキーのやり方を説明致します。

ただ、出来ないタイプのカギもありますのでご了承ください。

後程掲載する写真の形であれば大抵出来ます。(キタコなどのヘルメットホルダーなどは大丈夫な可能性大)

必要な道具は、

分割する物によって違いますが今回のは、プラスドライバー、スティックタイプのダイヤモンドヤスリ(安物でも出来ますが安いのだとかなり時間かかります)

以上から察してもらえると思いますが、削ることがほぼなので忍耐ですwww

せめてこういうダイヤモンドシリーズを使いましょうw安すぎると指が痛くなるくらい頑張ってくださいw

今回使うのはこちらになります。ホンダ系のヘルメットホルダーになります。お手頃ですw

カギの部分を丸ごと外したいので、裏のネジを外します。

ネジとプレートを外すと、ブロックとスプリングなどがありますのでそちらも外します。(スプリングが小さく飛んで無くしやすいので手で押さえて外しましょう)

バラすとこんな感じの部品がありますので、無くなっていないか確認してください。奥に見えるスプリングも外します。

上からみるとこんな感じです。この銀色のを抜きます。

抜くと今回の本題のシリンダーになります。それを横からみると、凹凸にプレートが見えます。

順番通りにプレートと、中にスプリングが入っていますのでご注意を。

ここまでバラすと構造的にある程度はわかっていただけると思います。

2つ前の画像と比較してほしいのですが、2つ前が差し込む前、こちらが差し込み後の画像になります。

プレートをよくみていただくと、穴の位置が全部バラバラです。

差し込むと、穴位置が合ったところまでスプリングを押して中に入ります。

なのでワンキーに使いたいカギを差し込んでシリンダーからはみ出ない位まで上側、または下側を削ります。

そうした後が上の画像になり、ワンキーになります。

本体側には、溝があり、キーを抜いた時に飛び出てシリンダーが本体に引っ掛かりロックする仕組みになります。

本体に何回か、入れたりして調整しながらこまめに行ってください。

グロムの場合は、そこだけでなく、カギが太いので、差し込む部分も拡張してください。

カテゴリーDIY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。