グロム 新型に社外丸目ヘッドライト取り付け方法




グロムの丸目ヘッドライトキットは、旧型をベースに作られています。

旧型と新型ではヘッドライトを固定するブラケットの形状と上下の取り付けピッチ間が違います。

そのため、まず旧型用の純正ヘッドライトブラケットを交換する必要があります。

ブラケット上下部分にゴムがついていてそちらは流用可能です。

ブラケットはメーカーにて取り寄せ可能です。(今現在)

品番61340-K26-900 STAY COMP

ブラケットは、トップブリッジで押さえ込んでいるだけなのでトップブリッジを上へあげれば後は配線やワイヤーを外せば簡単に取れます。

なので交換の時に外すのは、

トップブリッジのセンターナット(29mm)

フォークトップを固定している6角ボルト

クラッチワイヤー

スロットルワイヤー

メーター類の配線

以上になります。

トップブリッジを外す時は、一気に引っ張るのではなく、六角ボルトのところにかしめるための隙間にマイナスなどで広げて少しずつ左右均等に上げましょう。

一気に上げると、フォークに傷が入りますのでご注意を。

上部だけ緩めるので、下部がしっかり固定されていればジャッキなども不要です。

後は配線の固定していたバンドなどが変わりますのでそちらを工夫して固定を行ってください。

ヘッドライトの配線は、新型は直列回路なので基本的には純正から電源をとることは可能ですが疑似直列なので電圧が安定していないため、直接バッテリーから電源を取るより少し暗くなります。

なので車体中間にある、サービス電源から繋ぐことをお勧めします。

その場合キーオンでずっとついてしまうので純正スイッチを加工か、別でスイッチ購入して普段はOFFにする方がライトの消耗や、セルモーターの負担を減らせれてエンジンがかかりやすくなりますので、こちらもお勧めします。




“グロム 新型に社外丸目ヘッドライト取り付け方法” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。