カギが廻りにくい時の対処法と間違った対処法

今回は、グロムのカギが廻りが悪くなってきたので参考までに記載しておきます。

まず、勘違いされて使っている物の代表作で絶対カギ穴に使ってはいけないものは、

クレ556さんのCRCやシリコンスプレーです!!!

物自体は、自分もよくお世話になってオススメ出来る商品なんですがそれでよく勘違いされている方がいますので記事にしておきます。

潤滑油と表記しているので、自転車のチェーンなど一度は使われた事がある方は多いと思いますが、潤滑油だからといって全ての滑りが悪くなった所へ使えるわけではありません。

とくに、車やバイクなど電子機器のカギ穴は最悪致命的なダメージを与えるからです。

カギ穴の刺さり廻りが悪くなる原因は、外気からのホコリや抜き差しの時によって削れた鉄粉が中でつまりそれにより、カギがちゃんと中で合わず悪くなります。

それに対し、潤滑油を加えるとその時は油が皮膜を作りよく廻るようになり治ったと思います。

ここが一番ダメな所です。

その時は良いのですが、中に入っているホコリや鉄粉は油とは、混ざる傾向があります。

となると、廻りに散らばってたホコリと鉄粉が油によって密集されてしまうのです。

それにより、大きなホコリや鉄粉になり更にカギが合わなくなり突然抜けなくなって無理に廻してカギが折れたり、それが基盤の方まで流れてしまうと最悪ショートなど起き壊れたりすることがあります。

ではどうしたら良いのか?

その場合は一例で何点か上げますが、こちらを使ってください。(ちなみに自分は2番目のを使っています。)

使用用途によって、サイズを選んでもらったら良いと思います。

鍵穴専用スプレーは、ホコリなどが密着をしないようになっているので問題ありません。

注意としては、たくさん噴かないでください。

メーカーによっての方法を裏に噴射時間ややり方が記入されていますのでそちらを熟読して使ってください。

どのメーカーも統一して言えることは、少しの間や噴いた廻りが白くなります。

そうなるのが正常なので後々軽くタオルで拭いたらとれますので心配しないでください。

だいたい一度行ったら、カギまたはカギ穴に問題なければ当分問題なく二度目の出番はありません。

ビックリするくらい変わりますので、少しでもカギに違和感あったら、とりあえず使えるではなく、こういった処置を行ってください。

値段もそんなに高くなく、誰でも行える作業なのでチャレンジを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。